カテゴリ:

人工知能(AI)とロボットの違いとは?

いまや、人工知能はどの企業からも注目される仕組みになりつつありますが、それと並行してロボットも多くの場面で導入が進んでいます。しかし、人工知能とロボットにはどこに違いがあるのでしょうか。今回は、そんなポイントについてフォーカスしてみることにします。

AIは自立して発展していく仕組み

人工知能(AI)は、人の脳と同じような仕組みとなるニューラルネットワークを利用し、自ら学習して精度を高めることができる仕組みをもっています。ディープラーニングと呼ばれる学習能力はその1つで、使えば使うほど自ら考えて次の行動のレベルを高めることができる点が大きな特徴といえます。現時点では、まだ人にとって代わるほどのレベルには到達していませんが、日々の学習によって確実にその行動レベルを向上させることができるようになっているのです。

ロボットはあらかじめ決められた動作を行うもの

一方ロボットは、あらかじめプログラムされた動作を正確に行うことが基本となっており、決められたこと以上のことを自己判断で進めることはできません。テレビアニメなどでは、自己判断できるロボットが昔から多く登場していますが、足元のロボットの定義は「すべてあらかじめ決まっていることだけをするもの」であり、物理的にロボットの恰好をしているものもあれば、ロボットソフトウエアとして機能するものも存在するようになってきています。

将来的にはロボットもAIを実装した存在に

巷では、ホワイトカラーの業務を代行してくれるRPAと呼ばれるロボットソフトウエアの導入が話題になってきていますが、決められたプロセスにおいて人の代わりを務めるRPAは、今後AIを実装することで、自ら考えて新たな業務をこなすと言われています。このように、現在は並行して開発とその導入が進んでいるAIとロボットですが、将来的には両方の機能がインテグレートされて、よりレベルの高いサービスが提供されることが期待されているのです。

クラウドがAIを提供する時代も到来

AIというと、開発に時間がかかり大きなコスト負担を強いられると思われがちですが、すでにクラウドでもこうしたサービスが始まっています。俺のクラウドが提供するCloudAIは、あらかじめ質問例文と回答となる、いわゆるFAQを用意してAIに学習させるだけで、自然な文章による問いかけに対して的確な回答を返すことができるソリューションとなっています。これを利用すれば、社内にすでに存在する基幹システムのデータを利用することも可能になります。また、インタラクティブなコミュニケーションも、LINEWORKSといった使い慣れたインターフェースで実現できるのです。ハードルが高いと思われがちなAIですが、既に身近なところから簡単に利用できる時代がやってきているのです。

IBM Watson日本語版を活用したCloudAI チャットボットで、お問い合わせは全ておまかせ。

IBM Watson日本語版を活用した、人の自然な話し言葉を認識してお問合せに回答するAIチャットボットシステム『CloudAI チャットボット』は、お問合わせや情報を探す時間にかけていた時間を劇的に効率化するソリューションです。


<関連記事>
●AI市場は5年で16倍に急成長!AIの活用が期待される分野とは

●企業におけるAI活用、どのように進めれば効果的!?

こちらの記事も人気です

    この課題を解決するソリューション