「お客様を知る!」ことは、全てのデータを一元管理・全社で共有することから始まります。

個々の営業や各部門が所持する顧客情報・名刺情報を登録し、商談・活動報告・リレーション情報・クレーム・サポート履歴などを一元管理するCloud戦略箱は、情報を全社の「資産」に変え、活用することを可能にします。

商談・案件情報を可視化することで、組織として正しい営業戦略を立てることができます。

お客様の職層別に見ても、Cloud戦略箱をお使い頂くことで様々な活用メリットが。

営業担当者の場合

Cloud戦略箱の分かりやすい画面は、簡単操作で必要な情報を登録・参照。スマートフォン・タブレットからも操作できるので、いつでも・どこでも必要な情報を共有でき、負荷無く使い続けることができます。


営業管理職の場合

営業管理職の場合

部下の活動状況・商談状況が見えるので、行くべき顧客へ最適なアプローチができているか?商談進捗の課題は何か?などを把握し、適切な指示を与えることができます。また、行動分析を使って営業プロセスの改善を実施することで、効率の良い営業活動が可能になります。


経営層の場合
経営層の場合

顧客をキーに営業活動・商談状況を一覧し、全社・組織の最新状況を把握することができるので、戦略に対する課題を明確にでき、ビジネスのスピードに乗り遅れることなく、次の一手を打つことができます。

Cloud戦略箱 資料ダウンロード

社内コミュニケーションが活性化し、組織全体の営業力を強化

顧客に関わるすべての部門がCloud戦略箱でひとつに繋がります。

顧客・商談・活動報告等と連携して関係者間でタスク依頼とその進捗を確認できます。また、知りたい情報は戦略箱がPush通知で教えてくれるので、お客様の課題、営業活動の課題、商談の課題など様々な課題に対して、知恵を生み出すコミュニケーションが可能となります。

Cloud戦略箱 資料ダウンロード

商談からの裏付けがある受注・売上予測で、迅速な戦略立案を支援

「組織別」「担当者別」に予測集計(見込み)および、予算に対する実績を把握することができます。システム連携により基幹システムから受注/売上情報を連携し、正確な対比を実現できます。また、訪問回数や商談件数等にKPIを設定し実績管理できるので、計画に基づいた活動状況を把握することが可能です。

こちらの記事も人気です

    この課題を解決するソリューション