リアルタイムでさらに広がる情報活用

リアルタイムデータの解析を実現した「Cloud解析 MotionBoard」は、モノやセンサーなどのIoTデータとシームレスにつなぐためのリアルタイム用APIを公開し、MQTTにも対応しています。また、スマートフォン用アプリにより、手軽にスマートフォンの各種センサー情報を収集、車両情報などの導線把握を可能にします。

物流・配送業:トラック×スマートフォン

設備の保全要員やドライバーの位置情報を確認し、お客様からの突然の依頼に対して、センター側が状況を確認。アクセス可能な要員を至急現地に急行させるアクションを取ることができます。

店内のカメラなどから取得する情報を元にフロアのお客様の流れや売り上げを逐次表現し、お客様の動きに応じて、スタッフの配置変更やタイムセールを実施することができます。

工場内各機器、または販売先に納品した設備のセンサーデータをリアルタイムに可視化、モニタリングが出来る環境を構築。しきい値をも置けたアラートにより、設備の予防保全や機器故障による設備停止などの防止に活用することができます。

地図で広がる解析の可能性

店舗/エリア別売り上げやお得意先様の場所の把握をするなど、地図はビジネスに必要なツールになりつつあります。地図機能によるロケーションインテリジェンスにより、専門家でなくても、地図や位置情報を活用する環境を手にすることができます。訪問先の住所を複数指定して、最も効率的に巡回できるルートを提示するルート検索や、特定の場所から指定した時間で、到達できる範囲を算出する到達圏分析などにより、新たな気づきとビジネスが生まれ、お客様のビジネス活動を支える基盤となります。

表現力豊かで使いやすいダッシュボード機能

ビジネスデータを業務や意思決定に活用可能な情報へと変換し、各自が情報を見たい形に可視化するダッシュボード機能です。現状を把握して、お客様の動向に沿った具体的な戦略、施策立案を支援します。

また、ダッシュボードは専門的で複雑なプログラミング知識を必要とせずに、誰もが簡単に操作できるユーザビリティと豊富なテンプレートを活用することで、マウス操作のみで開発できます。

豊富なチャートアイテム

円、棒、折れ線などの使いなれた基本的なチャートから、レーダー、ゲージ、シグナル、散布図、バブルチャート、ウォーターフォールまで、豊富なチャートを用意しています。

多彩な分析機能で、仮説検証や原因特定を支援
仮説検証や原因特定をさまざまな視点から支援

OLAP分析などの高度な分析をノンプログラミングで実現する機能を搭載しています。関連データや掲示板機能もあり、複合的なデータで分析しつつ、フィルター機能による絞り込みや検索、グラフ形式の変更等、利用者が直感的な操作で情報活用が可能です。集計された数字を見るだけではなく様々なチャートに切り替えて、要素間の値の比較、時系列の推移、シェア比率、複数項目のバランス比較など、多角的な分析を自由に行うことができ、仮説検証や原因特定を支援します。

モバイル機能で場所と時間を問わない情報活用

作成したダッシュボード定義は、自動的にモバイル端末に最適化されます。また、オフライン分析機能によりネットワーク環境にも左右されません。スマートフォンやタブレット端末特有のタッチパネル操作に対応し、モバイル端末の携帯性や操作性を活かしたデータ分析や情報活用ができます。社外からでも高セキュリティなクラウド環境で、安心安全に素早く現状を把握することで、迅速な意思決定が可能となります。

様々な機器などから発生するセンサー情報を含むIoT関連データなどをリアルタイムに処理し、即座に活用することで状況を捉え、日々刻々と変化するビジネスにおいてタイムリーな意思決定をサポートします。またオンプレミスやクラウド、ファイルのデータを合わせることにより、更なる気づきを得てお客様の成長をサポートします。

物流・配送業種:ロジスティクス領域の見える化

ドライバーの位置情報をセンターにてリアルタイムに捕捉。突発的な集荷などにおいて適切なドライバーを見つけ出す。

製造業:設備保全、機器センサーの見える化

工場内各機器、または販売先設備のセンサーデータをリアルタイムに可視化・モニタリングできる環境を構築。閾値などのアラート設定により、設備の予防保全を行い、機器故障などによる設備停止などの防止に活用。

流通・小売業:店舗フロア、売り上げの把握

カメラやビーコンから取得する情報や売上情報を元にフロアのお客様の流れや売り上げをリアルタイムに表現することで、お客様の動きに応じたアクション(タイムセールの実施など)が可能。

こちらの記事も人気です

    この課題を解決するソリューション