Agree電子契約サービスについて

Agreeには、電子サインタイプ電子署名タイプの2種類のサービスがあります。

  • 電子サインタイプはメール認証により本人確認を行い、電子的に署名(Electronic Signature)を行う電子契約サービスです。
  • 電子署名タイプは電子認証局により厳格に本人確認・発行された電子証明書により電子署名(Digital Signature)を行う電子契約サービスです。

印紙税などのコスト削減

電子契約は印紙税の課税対象とされないうえ、契約者双方がクラウド上で契約を締結するため、契約書の郵送費が不要です。

契約書データは自動的にサーバー上に保管されるため、紙の契約書に比べ保管場所や保管コストを削減することができます。

契約締結の効率化

紙の契約書のように、印刷・製本・押印・郵送し、相手方の押印・返送を待つ必要がなく、契約はクラウド上で完結するために作業効率が大幅にアップし業務の効率化を実現します。

Agreeは契約締結までのステータスを確認することができ、契約締結の漏れや遅延を防ぐことができます。

万全の証拠力

契約書は合意内容の証拠として残すものであるため、電子契約も証拠力が認められなければなりません。

文書が証拠として認められるためには、本人の意思でその文書を作成したこと(文書の成立の真正)を証明する必要があります。

Agreeは電子署名法に準拠しており、紙と同等の証拠力が認められています。(民事訴訟法第228条第1項、第4項)

こちらの記事も人気です

    この課題を解決するソリューション