いまなぜ名刺活用か ー 営業の手元で眠っている名刺情報を、会社の資産に生まれ変わらせる

名刺活用が、いま改めて注目されています。

それは、多くの業界で製品やサービスの機能だけで競合他社と違いを出すことが難しくなっているいま、営業担当者によるお客様との接点が選定の重要な判断材料となってきているからです。営業活動によってお客様との関係性を作りあげていくことが、従来以上に、売上に直結する重要な課題となっているのです。

このことは、興味を持ってから購入までに長い時間を要するBtoBのビジネスにおいて特に顕著で、お客様との関係性をうまく築けない企業は検討の選択肢にも残らないという不利益をこうむりかねません。

たとえばこのようなことが起きていませんか?

営業担当者が名刺を個人で管理している
  • 机の中からゴムで束ねられた名刺が見つかる
  • 営業が得意顧客の名刺を持ち歩いている
顧客情報が企業内でバラバラに保存されている
  • セミナーで取得した参加者のリストがExcelでPC内に埋もれている
  • 営業が出先から連絡先を問い合わせる
  • 連絡先を過去メールから探す

このような課題は、重要な顧客情報である名刺管理を企業が徹底して行うことで解決できます。顧客情報を他部署や企業全体で共有して営業生産性を高め、お客様とのリレーションを良くします。

企業の名刺管理は営業活動の重要なインフラだと認識することが大切です。

名刺を登録するだけで、接点や人脈を自動的に可視化

Cloudどっと名刺は、営業担当者が意識することなく自動で接点や人脈を可視化し、人脈を活かした営業活動を可能にする機能が盛りだくさん!

Cloudどっと名刺は、ウェブで公表された人事異動ニュースを取得し、所有する名刺データに該当する情報を通知します。
お客様の昇進や異動などのフレッシュな情報をキャッチできるので、いつでも最新の情報にもとづいて営業活動が行えます。

名刺管理アプリ内の住所やURLをタップするだけで、地図アプリやブラウザーアプリに連携し起動します。
訪問先の会社の場所や情報を素早く調べることができるので、出かける前に調べる手間が要りません。
外出先では、いつでも近くに存在するお客様を検索することができ、偶然空いた時間も有効活用して効率的な営業活動が行えます 。

※名刺センターについて

Cloudどっと名刺サービスのベースとなっている名刺管理・営業支援ツール「HotProfile」の提供元である株式会社ハンモックは一般財団日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)よりプライバシーマークを認定取得しており、個人情報を基準に従い適切に取り扱います。

Cloudどっと名刺を使えば社内や社外など、さまざまな人脈・つながりを把握することができます。訪問先のお客様と接触がある社内の人物や、同じ会社の他の担当者の有無を瞬時に調べて営業活動に活かせるため、トップアプローチの可能性が拡がります。

トップアプローチにより、担当者レベルでの商談の行き詰まりの解決を図る、意思決定が速く交渉時間が短くて済むなど、さまざまなメリットが生まれます。

使いやすさにこだわった便利な機能充実の営業支援プランもご用意

「SFAを導入したが定着しなかった」という経験をした企業や営業組織は少なくありません。管理することだけを目的にしたツールではなく、営業現場での活動を支援するための仕組みこそ、組織に定着し、効果を発揮します。Cloudどっと名刺は、報告や商談管理における表示項目のテンプレート化や極限まで利用者の入力の手間を削減するなど、”営業現場で使い続けられること”にとことんこだわっています。

機能 標準プラン 営業支援プラン
名刺管理 名刺管理(名刺の自動データ化、共有)
リード管理
人事異動ニュース
組織ツリー
企業属性付与
スマートフォンセキュリティ対策
営業支援 リアルタイム報告
報告管理
商談管理
メール配信
ファイル添付
報告の公開範囲指定
カスタムレポート オプション
タスク管理 オプション
その他 名刺データ転送ツール オプション オプション

さらにCloudどっと名刺を他のECOシステムと連携すれば、社内のお客様情報を一元化して管理することが可能です。

「Cloud戦略箱」と連携して商談・営業活動の管理を行い、「NX販売管理」と連携してお客様情報を共通化。さらに「SmartBI」や「NX MotionBoard」と連携して予算・実績の集計や営業戦略の分析・検討につなげ、営業活動の生産性向上と企業の成長をトータルで支援します。

クラウドサービスだから 月額料金で利用できる

こちらの記事も人気です

    この課題を解決するソリューション