2020年1月に終了を迎えるWindows 7/2008のサポート。
残された500日あまりで企業は次にどのようなインフラを選択をすべきでしょうか。次期システム戦略も見据えた拡張性と運用性、パフォーマンスを兼ね備えたシステムの在り方を解説します。

開催概要

札幌会場
日時 11/2(金)14:30~17:00 (14:00受付開始)
開催場所 アーバンネット札幌ビル 3F会議室
住所: 北海道札幌市中央区北1条西6丁目1-2 アーバンネット札幌ビル 3F

■アクセス
地下鉄大通駅 2番出口 徒歩3分
JR函館本線 札幌駅 11番出口 徒歩6分
定員 20名

大宮会場
日時 11/20(火)14:30~17:00 (14:00受付開始)
開催場所

大宮ソニックシティ  会議室805
住所: 埼玉県さいたま市大宮区桜木町1-7-5 ソニックシティビル5F

■アクセス
JR線、東武野田線 大宮駅西口 徒歩3分 ※歩行者デッキにて直結
定員 20名

福岡会場
日時 11/22(木)14:30~17:00 (14:00受付開始)
開催場所

TKPガーデンシティPREMIUM博多駅前 3-5
住所: 福岡県福岡市博多区博多駅前4丁目2番1号 ザイマックス博多駅前ビル 3F

■アクセス
鹿児島本線 博多駅 博多口 徒歩3分
福岡市地下鉄空港線 博多駅 博多口 徒歩3分
定員 20名

※講師・セミナー内容に関しましては予告なしに変更させて頂く場合がございます。あらかじめご了承ください。
※定員に達し次第締め切りとさせていただきます。
※ご同業の企業様のお申し込みは締め切り前であってもお断りさせていただく場合がございます。

主催/共催

主催:JBCC株式会社  /  共催:ヴイエムウエア株式会社、日本マイクロソフト株式会社

内容

Session1

サポート切れに備えよう! Microsoft Azure を活用した Windows Server 2008 EOS 対策 14:35-15:15(40分)

多くのお客様にご利用いただいている Windows Server 2008 / Windows Server 2008 R2 のサポート終了が2020年に迫っています。サポートの終了した製品を使い続けることはセキュリティリスクとなり、コンプライアンス準拠などビジネス上の問題にもなりえます。本セッションでは、マイクロソフトの考える EOS 対策や、パブリッククラウドである Azure の概要を交えてご紹介いたします。

講師:日本マイクロソフト株式会社

Session2

ソフトウェアで実現する新しいITインフラ! HCI があなたの運用を変える!     15:15-15:55(45分)

仮想化技術の浸透、クラウド利用の加速によりここ数年でITインフラのあり方が急速に変化する中、HCI Powered by vSAN が国内で採用されるケースも非常に多くなっております。このセッションでは、vSANの導入事例をもとに「HCI導入によって実現できたメリット」をお伝えします。更に、中小規模のユースケースを元に、仮想化することで進化していく、新しいITインフラの形も併せてご紹介いたします。

講師:ヴイエムウェア株式会社

<休憩> 15:55-16:10(15分)
Session3

これが最適!Windows Serverサポート終了後のインフラ選択とロードマップ    16:10-16:50(40分)

Windows 7/2008のサポート終了に向けて、次にどのようなITインフラを選択すべきか。当セッションでは、個別最適化した既存のシステムの更改における課題と対策、脆弱性への対応など考慮すべきポイントについて、オンプレからクラウドまで企業の特性にあわせたインフラデザイン、実装の豊富な経験をもつJBCCが、事例を交えて最適解を解説します。事業継続を考慮したVDIの仕組み、クラウドDRの活用も紹介します。

講師:JBCC株式会社

*参加費:無料

お申込みはこちらから


【札幌】11/2(金) アーバンネット札幌ビル 3階会議室

【大宮】11/20(火) 大宮ソニックシティ 会議室805

【福岡】11/22(木) TKPガーデンシティPREMIUM博多駅前 会議室3-5

カテゴリ:

こちらの記事も人気です

    この課題を解決するソリューション