0824&0908セミナーイメージ画像


「平成30年度税制改正大網」の影響を受け、2020年1月から源泉所得税の改正が行われます。
2018年度に配偶者(特別)控除の改正をうけて一部の申告書で様式変更が行われたばかりですが、今回の税制改正後も申告書が大幅に変更される予定で、年末調整業務が例年以上に複雑になる可能性も懸念されています。

withコロナ/afterコロナ時代、テレワークを推進する上で「書類の電子化」が非常に重要です。
今回のウェビナーでは、複雑化する年末調整業務をクラウドサービスでカンタンに対応する方法を始めとし、紙業務の電子化を加速させる「3ステップ」をご紹介いたします。

セミナー概要

2020年8月24日 (月) 14:00~15:30
2020年9月8日 (火) 14:00~15:30

セミナー内容

Session1

14:0014:50

[ステップ1] 今年も大きく変わる年末調整への対応
  ~「残業しない・させない」令和2年の年末調整対策~

「平成30年度税制改正大網」の影響により、令和2年の年末調整の一部手続き、申告書の様式も変更される予定で、例年以上に業務が煩雑化することが懸念されております。
負荷の高い改正対応し、業務を8割削減できる「クラウド活用による年末調整対策」をご紹介します。

【講師】株式会社オービックビジネスコンサルタント
営業本部 広域営業部 営業推進室 浅見 伸哉 様

Session2

14:50~15:10

[ステップ2] 社内にあふれた申請書類をペーパーレスに!
  ~紙もハンコも使わない、ワークフローの魅力~

紙の申請書に「ハンコ」を押す。もうそのために出社する必要がなくなります!
申請・承認業務をペーパーレスに!社外からも使用できる仕組みを作りたいお客様に最適なワークフローをご紹介させていただきます。

【講師】JBCC株式会社 ビジネス・ソリューション事業部
橋本 桃子

Session3 15:10~15:30

[ステップ3] 人事・総務部では電子契約が有効です!
  ~雇用契約の電子契約や、取締役会等 議事録の電子化~

電子契約と言えば、取引先との「受発注 契約書」を想像されるかもしれません。
人事部では社員やパート・バイトとの雇用契約に、総務部では取締役会の議事録の電子化などでもご利用いただけます。ペーパーレス、脱ハンコの一助になる電子契約についてお話しします。

【講師】JBCC株式会社 ビジネス・ソリューション事業部
冨山 茂樹

*参加費:無料

*講師及び講演内容は都合により変更になる場合がありますので予めご了承下さい。

*ご同業の企業様のお申込みは締め切り前であってもお断りさせていただく場合がございますのでご了承ください。

お申し込み方法

下記よりお申し込みください。

2020年8月24日 14:00~15:30
2020年9月8日 14:00~15:30

カテゴリ:

こちらの記事も人気です

    この課題を解決するソリューション