カテゴリ:

企業でのクラウド利用は、様々なシーンで普及しつつあります。膨大な量になる情報をクラウドで管理することは、単一的な企業内ネットワークという考え方を超えた効率化やコスト削減を実現します。今回は、そのキーワードともなる「ハイブリッドクラウド」について、分かりやすく説明します。

ハイブリッドクラウドを構築するハイブリッドクラウドとプライベートクラウド

ハイブリッドクラウドとは、企業の必要なシーンに応じてプライベートクラウドとパブリッククラウドを融合して使う考え方のことです。「ハイブリッド」は、異なる特性を持つものの融合を表す言葉で、二つのクラウドの考え方を併せたクラウドであるがゆえに、ハイブリッドクラウドという名称がつけられました。

パブリッククラウドとは

もともとクラウドという言葉は、一般的にパブリッククラウドを指して使われてきました。パブリッククラウドとは、クラウドプロバイダが提供する環境をレンタルすることで、低価格かつ共有可能な情報を管理することができるクラウドです。

パブリッククラウドが持つ「共有」という特徴は、一方でセキュリティの脆弱性にもつながる可能性があります。また、システムのコントロールはクラウドプロバイダが行うため、障害などに対する対応策は、企業側では準備できません。

プライベートクラウドとは

こうしたパブリッククラウドのデメリットを解決するものとして生まれた概念が、プライベートクラウドです。プライベートクラウドは、単一の企業のために構築するクラウドです。企業内ネットワークと呼ばれる従来のシステムと同様に見えますが、厳密に言えばクラウドを占有するという点で考え方が違います。

プライベートクラウドには、コンピューターリソースの最適化を行うオンプレミス型と、設置場所のみをクラウドプロバイダが提供するホスティング型があります。いずれもセキュリティの面で高い信頼性を維持することができ、顧客情報などの機密情報を管理する場合はプライベートクラウドが向いています。しかし、プライベートクラウドの運用には高価な投資が必要です。

ハイブリッドクラウドの特徴

パブリッククラウドとプライベートクラウドの特徴は、企業の様々なシーンでそれぞれ必要となるものです。したがって、企業での情報をクラウド管理することを考えたとき、この2つを融合したクラウドが適切であるという答えが導き出されます。

ハイブリッドクラウドを導入することによって、適切な費用でセキュリティを確保したクラウド環境を構築することが可能になります。たとえば、重要情報はプライベートクラウド、サイト情報などはパブリッククラウドという風に、役割ごとに使い分けをすることができます。さらに、一時的にサーバーに負荷のかかる業務がある場合は、マシンへの負荷を分散させる逃げ道としてパブリッククラウドを利用する方法もあります。プライベートクラウドでは構築が難しかったテスト環境を、パブリッククラウドで本番環境から切り離して用意することもできるのです。

こうしたハイブリッドクラウドの利用方法は、企業の情報管理におけるシームレスな環境整備を実現し、業務効率化や情報のセキュリティ向上を目指す環境として機能するでしょう。

ハイブリッドクラウドの課題

ハイブリッドクラウドは、パブリッククラウドとプライベートクラウド双方の構築方法を理解した担当者がいなければ、管理をすることができません。相反する特徴を持つ二つのクラウドの構築や管理に、専門知識と多大な時間を要することは、一つの課題と言えるでしょう。

また、ハイブリッドクラウドの構築や運用にかかる費用の計算が難しい点も課題の一つです。単純にパブリッククラウドとプライベートクラウドに対しての費用を合算すれば正しいというわけではなく、統合にかかるコストなども試算しなければなりません。

ハイブリッドクラウドの導入を検討するシステム担当者は、企業の方針に基づいた最適なハイブリッドクラウドの在り方の最適解を見出すために、ハイブリッドクラウド導入に寄与する運用サポートサービスを利用することを推薦します。

EcoOneはクラウド環境構築の指南役

「俺のクラウド」では、クラウドコンピューティングサービスの一つであるIaaS(Infrastructure as a Service)の運用をサポートするEcoOneというサービスを提供しています。

IaaSは、クラウド構築にあたって設計から運用までのプロセスをトータルサポートし、各企業が求める最適なクラウド環境を実現します。また、現状のヒアリングを大切に、単なるサーバーの提供だけにとどまらない、不安や疑問の解決を含めた相談が可能です。

クラウドの構築や運用には専門的知識を要するため、業種によっては社員に対応不可能なケースが非常に多く、ハイブリッドクラウド導入による業務効率化の妨げとなっている場合もあるでしょう。しかし、EcoOneのサービスを導入すれば、社員が専門的な知識を習得する時間や労力をかけることなく、クラウド環境を構築することができます。企業でハイブリッドクラウドの構築を検討している場合は、ぜひEcoOneの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

専門知識不要!俺のクラウド EcoOneは、クラウドの設計・運用構築までまるごとおまかせ。

「クラウドにしたらどうなんだろう?」と思ったら、ご相談ください

俺のクラウド EcoOneは、構成検討から監視までの運用サポートを附随することにより、クラウドベンダー独自の専門知識を身に着けることなく、安心してご利用頂けるように「クラウド仮想サーバ+運用サポート」でお客様にご提供します。お客様のご利用するシステム用途により、ご希望のクラウドサービスベンダーの提供するクラウドサービスとJBCCの運用サポートを組み合わせて、お客様の環境にあったクラウドサーバーを一台からご利用頂けます。

クラウドにするメリット、クラウドを利用してみようとしているシステムが本当にクラウドに向いているのか、などの疑問にもお客様と共に「事前準備ヒアリング」の中で、ご説明および検討させて頂きますので、創業50年を超える実績の中で培ったインフラ構築技術を保有しているJBCCに是非ご相談ください。

<関連記事>

●セキュリティ対策もできる「ハイブリッドクラウド」とは

●クラウドとオンプレミスの良いとこ取り!第三の選択肢「ハイブリッドクラウド」

こちらの記事も人気です

    この課題を解決するソリューション