カテゴリ:

人口減少・高齢化の著しい我が国では、生産労働人口が急激に減少しつつあります。そのため、経済・社会を現状レベルで維持し、さらに拡大するためには、働き方改革による生産性の向上と新たな労働者の参加が必須の状況です。それゆえに、テレワークの実現は極めて重要な課題と言えるでしょう。そこで今回は、「テレワークを普及させる必要性」についてご紹介していきます。

現代の日本で「テレワークの普及」が必要である背景とは

人口減少・高齢化が現実の問題になろうとしている国内市場では、より柔軟な働き方がしやすい環境のもとで、これまで労働市場に参加することができていなかった女性や高齢者を積極的に取り込む仕組みが必要となってきています。その一翼を担うソリューションとなってくるのが、テレワークの普及なのです。テレワークを利用して労働提供ができれば、自宅でパートタイム的に労働提供も簡単にできるようになりますし、病気の治療や子育て、介護等と仕事の両立も可能になります。そのため、非常に大きな注目を浴びるようになってきているのです。この仕組みが普及すれば、より多くの人たちが多様な形で労働参加を実現することができるようになるため、雇用が大幅に拡大することも期待されています。

日本政府の「テレワークの普及促進」の取り組み

安倍内閣では働き方改革を推進し、一億総活躍社会の実現と、地方創生の実現を目指し、様々な施策に取り組んでいます。その中でも中心的な推進施策としているのが、ICTを利用して時間や場所を有効に活用できる働き方の「テレワーク」の普及と定着に努めようとしています。これは、一億総活躍社会を現実のものにし、地方創生にも寄与できる非常に重要な手段と位置付けています。具体的な取り組みとしては、テレワークの現状把握に努めるとともに、テレワーカーの意識や実態調査に乗り出し、政府としての目標設定も行おうとしています。また、環境整備を推進するために、インフラ整備やテレワーク関連のガイドラインの改定や周知徹底にも乗り出しているところです。

効果的なテレワーク導入の考え方

テレワーク導入の効果的な方法としては、社会、企業、就業者の3者にしっかりとしたメリットをもたらす仕組みが必要です。テレワークの仕組みを普及することで、一億総活躍社会を実現することがきわめて重要になります。また、テレワークの仕組みを簡単かつ安全に導入するために、クラウドを積極的に利用していくことも、大きな投資を必要とせず短時間に実現するためには非常に効果的です。
俺のクラウドでは、働き方改革を実現するために多くのクラウドによるサービスを提供しています。俺のクラウドを利用することで、どのような改革が実現できるかについては、「俺のクラウドの働き方改革」をご覧ください。

Cloud電話帳は、オフィス内外のコミュニケーションを安心、安全に支えます。

社外や自宅で働く人にとって、顔の見えないチームのメンバーが今、何をしているか?を知ることは、円滑なコミュニケーションをとるためには必要不可欠です。Cloud電話帳を使えば「連絡先相手が今どんな状況なのか」が一目で分かるため、最適な方法でコミュニケーションをとることが可能になります。社内外いる場所に関係なくコミュニケーションを効率化し、「いつでもどこでも、人が中心の働き方」を実現します。

<関連記事>
●86%のエンジニアが賛成!【在宅勤務・テレワーク】の導入状況とエンジニアの意見

●ICTで働き方が変わる。「ふるさとテレワーク」が実現させる地方移住のライフスタイルとは

こちらの記事も人気です

    この課題を解決するソリューション