カテゴリ:

クラウドで実現!次世代チームワークの新しい働き方の課題を解決しよう!

働き方改革の実現のため、いよいよテレワークが普及しようとしていますが、同一オフィスで働いている時と同じようなチームワークを実現することは、テレワークでも非常に重要です。そんな次世代チームワークの実現に大きく貢献しようとしているのが、クラウドの利用なのです。今回は、クラウドを利用した新しい働き方について考察していきます。

次世代チームワークの想定される課題とは

テレワークの実現は場所にとらわれなくなり、時間にも縛られないフレキシブルな働き方を実現してくれます。しかしその一方で、同じ職場で働くチームのコミュニケーションは、同一の場所で時間を共有して働いていたときとは大きく異なることが予想されます。それをどう解決していくかが、大きな課題と言えるでしょう。
マネージャーにとっては、チームの顔がリアルに見えないため、個々人が何をしているのか掌握することができなくなるという大きな問題も発生してしまいます。また、会議を行うにしても、労働時間がまちまちになることからスケジュール調整が難しくなります。会議のためにオフィスに召集されるという非効率な行動が必要になってしまえば、結局テレワークとしての効率と生産性を維持することができなくなってしまいます。こうした人と人とのコミュニケーションを、テレワークを利用しながらいかに実現するかが、最大の課題といっても過言ありません。

クラウドで実現できる新しい働き方

こうしたテレワークという労働形態を強力にサポートしてくれるのが、クラウドサービスです。たとえば、Cloud電話帳を利用すれば、プレゼンス機能を使って相手の状況を一目で確認できます。また、個別のデバイスにデータをもたない電話帳なので、どんなデバイスからでもアクセスができ、安全かつ確実なコミュニケーションが実現できます。
こうした仕組みをベースにすれば、チャットやビデオ通話、多拠点におけるウェブ会議や情報共有などが簡単に実現でき、バーチャルに1つのオフィスで働いているのと同じメリットを共有できるようになるのです。

離れた場所でもチームメンバーが繋がるために大切なこと

テレワークの環境下で、離れた場所でもチームメンバーが繋がるために大切なのは、まず相手が何をしているのかをしっかりと掌握できることでしょう。がこれは、クラウドを使った適格的なツールを導入すれば、同じオフィスにいるようにコミュニケーションをとることできます。また、これまでの「場所に依存した働き方」の考え方をすべて廃し、あくまで人中心の働き方にシフトし、ツールもそれに対応して利用していく必要があるのです。
こうしたコミュニケーションを実現するためには、それに対応できるクラウドのサービスツールを選択することが重要になるのは言うまでもありません。

Cloud電話帳は、オフィス内外のコミュニケーションを安心、安全に支えます。

社外や自宅で働く人にとって、顔の見えないチームのメンバーが今、何をしているか?を知ることは、円滑なコミュニケーションをとるためには必要不可欠です。Cloud電話帳を使えば「連絡先相手が今どんな状況なのか」が一目で分かるため、最適な方法でコミュニケーションをとることが可能になります。社内外いる場所に関係なくコミュニケーションを効率化し、「いつでもどこでも、人が中心の働き方」を実現します。

<関連記事>

●リアル事例を参考にする!色んな企業の「働き方改革」事例まとめ

営業職の仕事の悩みは?生産性が変わる営業部門の働き方改革

こちらの記事も人気です

    この課題を解決するソリューション