カテゴリ:

絵じたるサイネージを利用する4つのメリットデジタルサイネージとは「電子看板、電子ポスター」とも呼ばれる映像ソリューションです。商業施設や公共の交通機関などで、液晶ディスプレイやプロジェクターを使って映像を提供するシステム全般を指します。
従来型のポスター広告とくらべてエコであることと、利便性、訴求力ともに優れたプッシュ型の広告メディアであることから、大規模商店や公共機関を中心に導入が広がりました。最近では導入コストの低下から比較的小規模なシステムを気軽に取り入れる企業も増えてきています。

デジタルサイネージを利用するメリット

ポスターとくらべての顧客への訴求力が高いこと

デジタルサイネージの最大の武器は、動画再生能力です。動きのある動画広告は、ポスターなどの静止画像よりもダイナミックな演出となり、顧客への訴求力を高めます。

データ入稿による工数削減

データをそのままシステムに入れるだけでディスプレイに広告が表示されるため、ポスターで広告を作っていた頃のような、入稿、印刷から手貼りまでの工程が必要ありません。印刷等による廃棄物の出ないエコシステムでもあります。

情報の省スペース化

1台のモニタに複数の広告を切り替えて表示することができます。結果として1つの広告あたりに使用できるスペースが拡大し、大画面のポスターを秒単位で切り替えるといった、贅沢な掲示が可能です。

タイムリーな情報提供

特定の場所、特定の時間でのみ有効な情報をその場で表示できます。リアルタイムで刻一刻と状況が変わるような情報を伝えるには最適なツールです。

デジタルサイネージの活用事例

販売店舗

おすすめの商品、新発売情報などの広告を動画で提供します。複数の広告を1枚のディスプレイに交互に表示するため、映像に変化が出て顧客の注目度が上がり、来店した顧客の購買意欲を店頭で高めることができます。また、特定の時間のみタイムセールの告知をし、顧客を誘導することができます。

交通機関

待合場所での動画広告、次の便が到着するまでの所要時間告知などで顧客の待機ストレスを軽減します。人相判定カメラ付きのタッチパネル型自動販売機が年齢や性別を認識し、おすすめ商品を紹介しています。

ホテル

タッチパネル型デジタルサイネージによるコンシェルジュサービスに利用できます。顧客は直感的な操作で気軽にサービスのリクエストができ、ホテル側にとっても、外国語圏の顧客の要望を正しく理解する助けになります。

ショッピングモール

タッチパネル型デジタルサイネージを、広告一体型のナビゲーションサービスに利用できます。タイムセールやライブショーなどのイベント情報をタイムリーに配信することで、顧客にテーマパーク的な楽しさを提供できます。

災害時情報配信

広島市や豊島区は、災害発生時に自治体の発表する災害情報を民間のデジタルサイネージに配信する体制を整えています。重大な事態が発生した際には行政情報を配信し、帰宅困難者向けのナビゲーションを行います。

こちらの記事も人気です

    この課題を解決するソリューション