カテゴリ:

今回は"サイネージディスプレイの輝度"についての考え方をご紹介いたします。

"輝度"とは簡単に言うと、ディスプレイなどの画面の明るさの度合いのことです。一般家庭でテレビを購入する際にはあまり気にしない輝度ですが、何が重要なのでしょうか。

たとえば日差しが差し込む部屋に置いてあるテレビを昼間につけると画面が見づらいと感じたことはありませんでしょうか?これはテレビの輝度が弱く、太陽の明るさに負けてしまっているからです。

デジタルサイネージは屋内、屋外どちらでも活用の用途が増えています。設置する場所によって輝度を考慮したディスプレイ選びをしないと、昼間は放映内容が伝わらず効果の薄いサイネージになってしまうのです。

ご参考までにどれくらいの輝度の物を選べばいいのかご紹介します。一般的に屋内であれば輝度400cd/m2(カンデラ/平方メートル)以上あれば十分です。屋外もしくは日差しの差し込む屋内の場合は、設置場所の輝度を確認する必要はありますが、700cd/m2以上の輝度のディスプレイをお選びください。(*家庭用テレビは輝度200cd/m2程度)

最近のスマートフォンアプリには輝度を計測できるアプリもありますので、参考程度にアプリで確認してみるものいいかもしれません。

デジタルサイネージFAQ:設置場所ごとに最適なディスプレイ輝度とは

とはいえ、通常のディスプレイに比べて輝度の高いディスプレイは価格で3倍から4倍と高価なものとなるので、設置場所の選定の際に覚えておいて頂きたい情報のひとつです。

コンテンツ作成に関してお困りごとがありましたら、ぜひご相談ください。

こちらの記事も人気です

    この課題を解決するソリューション