カテゴリ:

ハイブリッドクラウドで得られるクラウドとオンプレミスのメリット

IT市場にクラウドが登場してから、国内でも多くの企業がクラウドの利用を開始するようになっています。しかし実際には、コンプライアンス、セキュリティ、パフォーマンスなど、様々な事情からすべてをクラウドで運用するということは事実上難しく、どこからどこまでクラウドを利用するかを考える時代に入っているのです。そんな中で、クラウドとオンプレミスの良いとこ取りをする「ハイブリッドクラウド」による運用を考える企業が増えてきています。今回は、このハイブリッドクラウドについて考えてみることにします。

「クラウドとオンプレミスはどちらを選ぶべき?」という比較はナンセンス

クラウドが登場した当初は、クラウドにするかオンプレミスにするかといった極端な二者択一の発想が台頭した時期がありました。しかし、冷静な視点で見た場合、どちらにもそれなりの運用上のデメリットが依然として存在することは間違いありません。まず、双方のデメリットをしっかり理解することが重要になるのです。

・クラウドだけでの運用のデメリットとは
クラウドだけでシステムを運用した場合、ERPのように重要なデータを外部に持ち出すかどうかといった部分では、セキュリティ上で社内のコンプライアンスをどうしてもクリアできない部分が出てしまうことがあります。また、基幹システムをクラウドに完全移行した場合、システムのスペックをクリアしていてもパフォーマンス上問題が出るといったデメリットも実際に生じ始めています。
コスト面では、条件や規模次第では必ずしもオンプレミスより安くないこともありますし、ITマネジメント上でもそもそもすべてのシステム環境をベンダーに依存することになります。そのため、障害が発生した場合、自社では何も手を付けられないというデメリットも生じることになります。したがって、国内では事実上クラウドだけですべてをまかなえる企業は存在しない状況です。

・オンプレミスのみでの運用デメリットとは・・
一方国内では、長くITの基本として利用されてきたオンプレミスによる導入も、そもそもの導入費用がかさむことに加え、実装までの導入期間が長く、短期間での新規事業のサービスインには向かないというデメリットが存在します。さらに、内容次第ではランニングコストがかかるうえに、専門のシステム部門担当者を必要とするため、新興企業ではIT開発と運用は非常にコストのかかるものという存在になっていることがデメリットとして挙げられます。

・固定的に考えず用途に合わせて使い分けをすることが重要
このように、クラウド、オンプレミスともに様々なデメリットがあります。実際に利用する上でのベストプラクティスは、片方のみを選択するのではなく、用途や状況に応じて双方をうまく使い分けしていくことといえるでしょう。

最適なITインフラの構築を実現するハイブリッドクラウド

近年、最適なITインフラを実現する上で注目されているのがハイブリッドクラウドです。これはその名の通り、オンプレミスのシステムとプライベートクラウド、ならびにパブリッククラウドを適宜うまく組み合わせて利用していこうとする方法です。導入・利用する企業の要件に合わせて柔軟な組み合わせが可能である点は、大きな魅力となります。
ここで、3つの仕組みのメリット、デメリットを整理してみますと、次のようになります。

【オンプレミスのメリット】
・セキュリティが強固
・カスタマイズが容易
・他のソフトウエアとの高い統合性
・オフライン環境での利用

【オンプレミスのデメリット】
・導入コストが高い
・実装までの期間が長い
・運用コストが高い
・システム部門の担当者が必要

【プライベートクラウドのメリット】
・リソースを占有可能
・ネットワーク上の問題が生じない

【プライベートクラウドのデメリット】
・カスタママイズすると結局時間と金がかかる
・パブリッククラウドに比べ利用料は割高

【パブリッククラウドのメリット】
・クイックプラグインですぐ利用が可能
・コストが安い

【パブリッククラウドのデメリット】
・他社のサービス利用によるパフォーマンス低下
・障害発生時には自律的対応が不可能

このように三者三様で、メリットとデメリットは混在することになるのです。
したがって、ハイブリッドクラウドではそれぞれのメリットを最大限に活かした組み合わせを考えることが重要になってくるのです。実際にハイブリッドクラウドを導入した企業では、3種類のサーバーシステムを用途に合わせて絶妙に使い分けることに成功しています。

ハイブリッドクラウドの導入例

1. BCP対策
災害などの重大な事態でも自社のデータを確実に保全し、非常時でも出来る限り迅速に事業再開することが求められるような業種の場合は、クラウドとオンプレミスの両方でデータバックアップを取ることで対策が可能となります。

2. 短期的なサーバー負荷への対策
季節性のあるイベントや限定商品の通販サイトなど、ごく一時期に限ってたくさんのアクセスを集めるようなサイトの場合は、短期的なトラフィックの増大のために自社のサーバシステムを増強するのは費用対効果に優れません。したがって、クラウドサーバーを利用してその時だけのサーバダウンに備えます。

おわりに

クラウドは登場から時間も経過し、オンプレミスに追いつくセキュリティ機能を充実させてきています。企業にとっては、無理をせずにクラウドとオンプレミスのいいところを十分に活用して最適化をはかるハイブリッドクラウドの運用が、もっとも効率的でベストな利用法といえるのではないでしょうか。

<関連記事>
●クラウドをはじめるなら考えておきたいデータ連携
●どこから始める?業務をスピードアップするクラウド活用

<関連情報>
●IBMのクラウド環境からChefまで、クラウドを体験できる研修をアイ・ラーニング(JBグループ企業)が提供しています。

※アイ・ラーニングサイトに移動します。

こちらの記事も人気です

    この課題を解決するソリューション