カテゴリ:

BIを活用したデータ分析の効果

企業活動を行う上で、日々蓄積されるデータを効率的に活用して自社の成長につなげたい、と考える企業は増える一方です。そのために多くのリソースを投入していても、その投資に見合った効果を得ている企業はあまり多くないのが現状です。

今回は、データを活用するツール、BIについて、機能と導入のメリット、導入の際に考えておくべきポイントを説明します。導入の目的がはっきりしていなかったり機能を理解しきれていなかったりすると、費用対効果は得られません。本記事で、もう一度BIについての情報を整理して、使いどころをよく考えましょう。

BI(Business Intelligence)とは?

BIとは、ビジネスインテリジェンスの略。企業活動に必要なデータを収集・蓄積、統合して、経営により役立つ情報として分析、加工して企業の業績を上げるために用いられるツールです。

その役割は、大まかに3つに分かれます。

①データの収集・蓄積・統合
②データの集計・分析
③データの可視化・ビジュアル化

まずは、企業活動に役立つデータを収集し、使いやすい形に蓄積し、不要なデータを取り除いたり重複している部分は統合したりして、統合データを集計・分析しやすい形に整えます。この機能がしっかりしていないと、次の段階で効果的なデータの利用がしにくくなり、思ったような結果を得るためのコストが増加してしまいます。

適切なボリューム、適切なデータセットに整え、統合されたデータができた後は、データの集計と分析を実行する機能が経営層が探したいと思うデータを過不足なくそろえ、経営判断の助けとなるような分析結果を出します。データの集計と分析は、BIが持つ機能の要です。データマイニングやOLAP分析などがこの機能に相当します。

データの集計と分析が終わると、次はその結果を経営層などその結果を利用する人たちが、理解しやすい形で可視化・ビジュアル化することも、BIの機能のひとつです。

分析結果を、ただ数字をズラリと並べただけの表や、複雑なグラフで見せたとしても、なかなか人には伝わりません。重要な部分はどこなのか、より分かりやすいグラフの描き方など、見た人がすんなりと理解できる形にする機能もBIの大切な役割です。また、シミュレーションから意思決定に役立つレコメンドを出す、という機能もデータの可視化・ビジュアル化を実現するものです。

BIを導入してデータ分析を行う


BIを導入するメリットは、データに関する専門的な知識がなくても、必要なデータを抽出して分析・活用できるという点にあります。データを活用する際、多くの労力が収集と加工に割かれて、肝心の分析と活用に時間が取れない、という状況に陥る企業は少なくありません。機械にできる部分は機械に任せて、実際に取り組むべきデータの分析と活用にマンパワーが注げる点は大きな利点です。

BIの機能をきちんと理解して活用できれば、各部署の生産性は大きく向上します。マーケティング担当者はデータの加工や可視化に頭を悩ませなくても、自分の望み通りの分析結果がBIツールから抽出することが可能になります。これまで部門ごとにしか共有されていなかったデータを統合すれば、これまで見えてこなかった新しい仮説なども見えてきます。

経営層にとっては、経営判断に役立つデータを、分かりやすい形で入手できるため、より良い判断ができるようになります。情報システム部門はデータを抽出するための単純作業が減り、その分、本来の業務にリソースを割り当てられるようになります。

BIツールをうまく活用した例としては、Excelで作ったデータを加工するだけで1日がかりだったものが、BIツールを使って一瞬のうちに取り出せるようになった、という会社の例があります。

このように便利なBIツールですが、導入する前にいくつか考えておくべきポイントがあります。

・そのBIツールによって、経営判断は早くなるか
・BIツールを使う目的およびどの分野に利用するかが明確になっているか
・BIツールを使うと最終的に企業に利益をもたらすか

せっかくBIツールを導入しても、使い方が分からず、ただ分析結果を見るだけで経営判断に役立つ場面がないなら、BIツールの効果は発揮できません。目的を明確にしBIツールを利用することで、最終的には企業に利益をもたらすかどうか、よく検討してからBIツールを導入しましょう。

どんなBIツールがいいのか

BIツールを導入するにあたって重要なポイントは、そのBIツールが使いやすいかどうか、専門知識がない人でも簡単に使いこなせるかどうかです。

いくら優秀な機能がそろっているBIツールを導入したとしても、分かりにくくて結局情報システム部門の人間にしか使えない、というBIツールはあまりおすすめできません。業務内容を知らない情報システム部門に対して依頼を掛ける形になり、タイムロスや伝達ミスなどが発生するためです。

直感的に誰でも操作できるBIツールなら、マーケティング担当者や営業など、情報を必要とする人が直接BIツールからデータを取得して分析するため、その業務に詳しい人間が直接データを活用することができ、意思決定のスピードが格段と速くなります。

誰でもすぐに使いこなせるようになる、という条件に当てはまるツールの一例が「Cloud解析 Powered By Tableau」です。Cloud解析は、マウスのみで簡単に操作でき、すぐにデータの集計・分析を試すことができます。「こういう分析をしてみたい」と思ったらすぐにできるため、思考を妨げることがなく、データの考察や活用も思い通りになります。

今ご利用のBIツールを活用しきれていない、と感じているなら、使い切れていない理由が操作性にあるのか、そもそも使用目的がはっきりしていないせいかなど、原因を分析して問題を解決できるようなBIツールを探してみましょう。

まとめ

BIを活用したデータ分析の効果について説明しました。BIを使いこなすことによって、経営の意思決定が早まり、データ収集と加工にかかっていた時間を短縮できます。データの内容そのものをしっかりと見て考察する時間が取れるようになると、これまで表面化していなかった問題やデータの法則に気が付き、よりデータを活用できるようにもなるでしょう。

すでにBIを導入しているにもかかわらず、あまり活用しきれていない、と感じる場合は、BIツールを使う目的が明確になっているか、機能がわからず理解できなくて使いこなせていないのかをしっかり確認してみてください。自社に最適なBIツールは、今使っているツールではないかもしれません。あるいは、BIツールの選択は正しいが使いこなせていない、という場合もあります。

自社に合ったBIツールを使いこなし、企業に大きな利益をもたらすよう、使い方を再検証してみてはいかがでしょうか。

Cloud解析は、直感的な操作で誰もが利用出来る!次のアクションにつなげるクラウド型データ解析

俺のクラウド「Cloud解析」は、専門的な知識・スキルは不要でドラッグ&ドロップなどの簡単なマウス操作のみで、直感的に情報の解析・活用ができる仕組み。解析の切り口を変えたいときも 同様にマウス操作で簡単に変更可能。また、解析のスピードが早く、人が考えるスピードを止めないため、「ひらめき」を逃しません。

Cloud解析の詳細情報はこちら!

<関連記事>

・データ分析がマーケティングに欠かせない考え方を解説

・マーケティング活動にハズせない!データマイニングと分析の手法の違いを知ろう

こちらの記事も人気です

    この課題を解決するソリューション