カテゴリ:

今さら聞けない!EC(eコマース)ビジネスとは「Eコマースビジネス」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。Webビジネスで稼ぐ方法として代表的なビジネスモデルのひとつです。実店舗での販売と比較して何が違うのか、課題や参入の注意点などを中心に、ECビジネスについてご紹介いたします。

ECビジネスとは

ECビジネスとは、"electronic commerce"つまり電子商取引のことを言います。インターネットを介して商品の売買を行うこと全般を指し、消費者側からは「ネットショッピング」の呼び方で親しまれています。

ECビジネスはBtoCはもちろん、BtoBあるいはCtoCとしても成立する懐の深いビジネスモデルです。低コストで新ビジネスを始めたい場合や、まずは小さく構えて顧客のレスポンスを見たい場合などに最適な事業形態と言えます。

代表的なECサイト

代表的なECサイトとして挙げられるのは、Amazonや楽天など、複数の店舗が1つのインターネットサイトで商品を販売する「電子商店街」です。実店舗でいうところのショッピングモールにあたり、参入のコストを抑え、顧客にとっては購入の抵抗感を除くメリットがあります。

一方で、商品説明の自由度が低いことや、売上に対して一定の手数料を胴元のサイトに支払う義務があるというデメリットもあります。

もう一つの事業形態として、個人・自社で独自のウェブサイトを運営し、サービスや商品の提供を行う方法があります。オンラインのDVDレンタルやカタログギフトの注文サイトなどが代表的なものです。すべて自社構築のため自由度が高く、ブランディングしやすいメリットがありますが、顧客にサイトを見付けてもらう事や購入に至るまでのハードルが高く、「個人商店には入りづらい」という実店舗販売と同じ課題があります。

ECビジネスの課題

ただECサイトを開店しただけでモノが売れ、収益が上がることは当然ながらあり得ません。まず星の数ほどあるインターネットサイトから、ターゲットとなるユーザーに、自社の商品を見付けてもらう必要があります。

次に、商品の情報が解りやすく記されていることで顧客に関心を持ってもらい、魅力的な商品紹介で「欲しい」という欲求を呼び、商品の魅力を印象づけて「記憶」してもらう必要があります。その後、迷った末にユーザーが「やはり欲しい」と思えば、購入操作によって販売が成立する仕組みです。

これらの消費活動は、いわゆる「AIDMAの法則」に従っています。現物を陳列する店舗販売と同じですが、WEBという特性上、店舗販売よりも「A=Attention:見つける、注意する」と「A=Action:行動する、購入する」をクリアするハードルが高くなります。

特にECならではのハードルが、商品を見つけてもらうことと、「欲しいけれど、ここに個人情報を入力するのは嫌だなあ」という抵抗感です。ECビジネスを始めるにあたって、この2点は非常に重要な課題です。

今からECビジネスを始めたいときのポイント

ECビジネスに参入するにあたって、事業形態が2種類に分かれることとそれぞれのメリット・デメリットをご理解いただけたかと思います。自社に豊かなマーケティング戦略のノウハウがあるか、自社サイト構築の技術力があるか、または、いずれ大規模な販売戦略を立てていきたいか等、現状と将来の見通しによって最適な参入方法を選ぶといいでしょう。

こちらの記事も人気です

    この課題を解決するソリューション