カテゴリ:

分析だけじゃ意味がない?マーケティングにおけるデータ活用術

マーケティングを進めるために、データ分析は必要不可欠なものです。ただ、データは、分析するだけでは何の意味もありません。分析した結果を、今後の企業活動にどう生かしていくかが重要です。今回は、マーケティングにおけるデータ活用術をご紹介します。大量データを簡単に扱えるようにするBIツールの重要性を説明するとともに、分析結果を読み解くポイントについても解説しますので、ぜひ最後までご一読ください。

データ分析とは?

自社にとっての顧客が、どのような形で自社サービスや商品を知ろうとアプローチしているのか、どのような部分に疑問を持って自社に問い合わせをしているのかなど、顧客についてのデータを考えてみましょう。顧客の動きひとつ取っても、業務改善につながるヒントがたくさん詰まっています。

もちろん、扱うデータは顧客だけでなく、日々の売上高、天気、気温など多様な種類のものを集める必要があります。関連性を探っていき、使えそうな関連を見つけて以降の企業活動に生かしていって、初めて「データを活用している」と呼ぶことができる状態になります。

データを活用した後は、またその結果をデータ分析で確認してフィードバックします。このサイクルをPDCA(データ分析を元に計画→計画を元に実行→データを見て確認→データのFBを見て行動を変える)として回していけば、業績が良い方へと向かっていく可能性が高まるのです。

データ分析の基本的な考え方について説明しました。次に、分析結果をどう活用するのかについて説明しましょう。

分析結果をどう活用するか

ただデータの内容を分析するだけでは、マーケティングにはなりません。分析結果を読み解くことが重要です。ここからはデータの分析結果を読み解くポイントについて、説明します。

まずはデータを収集する前に、以下の点を確認します。

・データ収集方法の妥当性
・分析方法の妥当性
・仮説の検証

データ分析をする前に、素材としてのデータは使える状態で集められていたか確認することが大事なのです。その後、分析方法の妥当性も確認しましょう。データを収集する前に何らかの仮説を立てていた場合は、その仮説が正しかったかを検証することも忘れないようにしましょう。

また、データを分析する前には、以下のことも決めておかねばなりません。

・蓄積データの意味と活用方法を考える
・どうしてこのようなデータになっているのか仮説を立てる
・会社の置かれている現状を正しく把握する

データを分析する前に、どうしてそのデータを蓄積するのか、活用方法には何があるのかを明確にしておきましょう。収集する目的がないデータだと、分類、分析に時間がかかるものです。

データ分析を始める前に、データ内容を確認して、どうしてこのようなデータになっているのか仮説を立ててみましょう。実際にデータ分析を進めて、その仮説が当たっていれば、以降の企業活動で利用するといいでしょう。

また、現在会社がどのような状況に置かれているかを把握することも重要です。「売上高は大きいが利益が少ない」「商品は多く売れているが粗利が悪い」など、会社が抱える問題点は多かれ少なかれ、存在するものです。その問題点を、データ分析結果から解決できるヒントを得ることができないか、探してみることをおすすめします。

大量のデータ分析にBIツールは必須


ここまで説明してきたように、マーケティングでは大量のデータを扱います。データの種類も多岐にわたり、データごとの件数も膨大です。ビッグデータを扱うには、やはり専門のBIツールを利用することを検討するといいでしょう。

大量のデータ分析を、誰でも簡単に行えるBIツールが「Cloud解析」です。データの入力元にクラウドも指定できるため、大量データのインプットが可能です。大量のデータを分析すると、視覚的に分かりやすいグラフィカルな表示がされ、直感的にデータの状態が分かります。

高度なデータ分析で手間のかかる部分はCloud解析に任せて、後は活用方法や考察など、データ分析でより力を入れたい部分にリソースを割くことができる点もCloud解析のメリットです。

どこのBIツールを採用するべきか検討中なら、Cloud解析も候補のひとつに加えつつ、他と比較して自社にとってより使いやすそうなツールを選び、データ分析を成功させてください。

まとめ

マーケティングにおけるデータ活用術と、データ分析のポイントなどについて説明しました。単にデータをまとめるだけでは、データを活かしているとは言い切れません。何のためにそのデータを使うのか、データの蓄積方法は正しかったのかなど、データ分析に入る前に準備をしてから、データ分析を始めましょう。

マーケティングにおけるデータ分析は、取り扱うデータが膨大なため、Excelでは限界もあります。専用のBIツールを使って、データを解析するようにしましょう。誰にでも簡単に操作できるCloud解析をはじめ、各社のBIツールを比較して自社にとって一番使い勝手の良いツールを選ぶようにしましょう。データをうまく活用し、会社の業績が上向きなるよう、本記事の内容を参考にしてください。

Cloud解析は、直感的な操作で誰もが利用出来る!次のアクションにつなげるクラウド型データ解析

俺のクラウド「Cloud解析」は、専門的な知識・スキルは不要でドラッグ&ドロップなどの簡単なマウス操作のみで、直感的に情報の解析・活用ができる仕組み。解析の切り口を変えたいときも 同様にマウス操作で簡単に変更可能。また、解析のスピードが早く、人が考えるスピードを止めないため、「ひらめき」を逃しません。

Cloud解析の詳細情報はこちら!

Cloud解析のハンズオンセミナーの情報はこちら!

<関連記事>
マーケティング活動にハズせない!データマイニングと分析の手法の違いを知ろう

マーケティングの成功に欠かせない!データ解析の代表的手法5つ

こちらの記事も人気です

    この課題を解決するソリューション