カテゴリ:

データ分析がマーケティングに欠かせない考え方を解説

ビジネス、特にマーケティング分野においては、市場や顧客などのデータを分析して適切な施策を実行していくことが必要です。しかし、適切なデータ分析を行わなければ、有効な行動に結び付けることは難しいでしょう。データ分析にはさまざまな手法があります。適切なデータ分析を行ったうえでマーケティングに活かすことで利益の増加や顧客の増加などの効果が期待できます。そこで、マーケティングなどのビジネスの分野でデータ分析を活かすために必要となる考え方や注意点などについて解説します。

データ分析とは?基本的な考え方

データ分析をビジネスに活用するためには、データ分析の基本的な考え方を理解しておくことが欠かせません。データ分析とは、データを収集するだけでなく、そのデータを分類したり不必要なデータを捨てて使用するデータだけを取り出す取捨選択を行ったりすることが必要です。そのうえで、仮説を立てて効果が出るような施策を打ち出すことまで含むのがデータ分析の基本的な考え方です。IT環境が整ってきたおかげで、大量で多種多様なデータを収集して蓄積することができるようになってきています。しかし、データを蓄積しているだけでは、宝の持ち腐れです。データをマーケティングなどのビジネスの分野で実際に有効活用するためには、適切なデータ分析が欠かせないということを忘れないようにしましょう。

マーケティングにデータ分析を用いるメリット・注意点

マーケティングの分野でデータ分析を行うことには多くのメリットがあります。また、分析にあたってはいくつかの注意点を知っておくことも重要です。そこで、マーケティングでデータ分析を行う際のメリットと注意点について解説します。

メリット

マーケティング分野でデータ分析を活用する主なメリットは2つあります。1つは、商品やサービスが抱える問題点をあぶり出し、売上を伸ばすためのヒントが得られることです。単に商品別売上高や月別売上高を見るだけでなく、地域別、担当者別などさまざまな角度からの分析を加えることによって、課題とヒントが見つかります。課題がわからない状態でやみくもに対策を行っても、コストばかりかかってしまい期待通りの成果が得られないことが多いです。適切なデータ分析を行うことによって、課題を見つけたり改善の切り口を発見できたりすることがメリットです。もう1つのメリットは、データ分析を行った結果、課題解決や売上アップの実現につながることです。経営成果に直結する可能性が高いことが魅力です。また、的確な対策を打てるようになるため効果の出ない施策に使うコストを削減することもできます。コスト削減は利益を押し上げることに役立ちます。

注意点

マーケティングのためにデータ分析を行うにあたっては、注意すべきこともあります。主な注意点は2つです。1つ目は、分析の目的をはっきりさせることです。目的がはっきりしない状態で分析を行っても効果は得られない可能性が高いでしょう。また、誤った分析方法を適用してしまうと的外れな仮説を立ててしまうこともあります。その間違いに気づかず、効果がでない原因がわからないという状態に陥ってしまうことすら珍しくありません。2つ目の注意点は、データを分析するだけで終わってしまうことです。大切なことは、データを分析することで課題を見つけ、仮説を立てて施策を実行することです。分析結果を活かす意識を強く持つことが重要です。

データ分析を行う前の準備

データ分析を行うにあたっては、しっかりと準備をしておくことも重要になります。準備段階で大切になることは、どんな問題を解決したいのか、どんな成果を得たいのかを明確に設定しておくことです。目的が明確になっていないと、どの分析手法でアプローチするかの判断がつかないだけでなく、どんなデータを収集すればよいかすらわかりません。目的を明確にしてから分析作業に入るようにすることが準備のポイントです。また、現状と目指す姿を正しく認識しておくことで、データの活かし方が見えてくることも準備段階で意識しましょう。蓄積されたデータが膨大であっても、活かし方が見えていなければ有効活用は難しくなります。

データ分析の活用例

データ分析の他社事例を知っておくことも、データ分析効果の最大化に有効です。ローソンでは、Pontaを導入することで購入者の属性と購入商品が結びついたデータが得られるようになりました。従来のPOSデータよりも深いデータが取得できるようになったのです。例えば、ある菓子パンは売れ筋ではないがリピート率は高いため、顧客を逃さないためにはラインナップから外さない方がよいといったことがわかるようになりました。また、楽天は、データ分析によって「ランキング更新頻度が高いほど売上が増加し、ジャンル分けを細かくすることが全体の売上アップにつながる」ことを見つけ出しています。その分析結果を活かして、ランキング更新を頻繁に行い、ジャンル分けも細分化することで売上アップを実現しています。

正しくデータ分析をすればビジネス・マーケティングを賢く進められる

データ分析を適切に行うことによって、売上アップなどの成果を高めたり課題を解決したりすることに役立ちます。データ分析を難しいと感じている場合は、「Cloud解析 Tableau」を利用するとよいでしょう。専門的なスキルや知識がなくても、データ分析ができます。簡単なマウス操作で情報の解析や活用ができますので、誰でもすぐに有効なデータ分析が可能です。

Cloud解析は、直感的な操作で誰もが利用出来る!次のアクションにつなげるクラウド型データ解析

俺のクラウド「Cloud解析」は、専門的な知識・スキルは不要でドラッグ&ドロップなどの簡単なマウス操作のみで、直感的に情報の解析・活用ができる仕組み。解析の切り口を変えたいときも 同様にマウス操作で簡単に変更可能。また、解析のスピードが早く、人が考えるスピードを止めないため、「ひらめき」を逃しません。

Cloud解析の詳細情報はこちら!

<関連記事>

物流のデジタル化に欠かせない!データ収集・蓄積はAI・機械学習の精度向上で必須!

●ITの活用で働き方改革!実現する仕事の質の変化とは?

こちらの記事も人気です

    この課題を解決するソリューション