カテゴリ:

これからのビジネスでは、膨大なデータ、つまりビッグデータを適切に分析して活用することが求められます。例えば、売れている商品の情報を分析することで、どのような年齢にどのような商品が好まれるかを知ることができます。またはその逆で、売れていない商品を割り出せれば、無駄なコストを削減することもできるでしょう。どの商品がどのような層に売れているのか、または売れていない商品を知るためにはデータをどのように分析し、活用すべきかを解説していきます。

データ分析をビジネスに活用するメリット

現代は、顧客に関するさまざまなデータを取得できるようになっています。特にオンラインショッピングの場合、顧客の性別や年齢、職業までを情報として知ることができる上に、どれくらいの頻度で購入しているかというデータの収集が可能です。さらに、その商品を購入する顧客が、他にはどのような商品に興味を持っているのか、一緒に購入する場合はどのような商品が多いのか、といった情報までキャッチすることもむずかしことではありません。しかし、こうして得たせっかくのデータを活かしきれていない企業が多いのも事実です。データを正しく分析し、顧客のニーズをつかむことができれば、さまざまなメリットを得ることができます。例えば、返品される商品の種類や頻度、キャンセル数を参考に、商品やサービスの改善点が発見できるのもその一つです。ターゲットに合わせて効果的に宣伝を行うこともできますし、売上を予測した在庫管理もしやすいでしょう。

業界別にデータ分析活用事例を紹介

データ分析を上手に活用して成功につながったという事例はいろいろあります。実際に、どのような業界で、どんなデータ分析でどう成功に結びついたかを、次の段落からいくつか紹介していきます。具体例が分かると、自分の会社や扱っているサービス、商品への活用方法の参考になるのではないでしょうか。それでは、製造業、小売・流通業、そして飲食業の3つの業界から、データ分析活用事例を見ていきましょう。

製造業でのデータ分析活用事例

製造業の場合は、精度追求と速度重視で異なるデータ分析が主に行われています。具体的な事例としては、まず、富士ゼロックスがあります。富士ゼロックスでは、コピー機から送信されるデータを、自社製品の品質向上に役立てているのです。従来のコピー機は、故障などの不具合があっても、顧客による申告が主で、それから修理の対応をするという流れが中心でした。しかし、コピー機から随時送られてくるデータから、事前に故障を検知することや、故障を起こしやすいパーツの見直しを可能にしています。ユニクロも、データ分析した結果を業務の合理化にうまく反映させることに挑戦している企業です。まだ未完成ではありますが、分析結果を商品開発や在庫管理に活かすことで、売れ筋の変化を予測するシステムの開発を進めています。これによって、従来の顧客からのフィードバックや市場調査では時間がかかっていた商品開発が、的確でスピーディーなものになることが期待できます。

小売・流通業でのデータ分析活用事例

小売り・流通業では、現状を把握する分析機能や、業種業界向けの分析機能が求められます。具体的な事例の一つは、Amazonです。Amazonは、データ分析をもとにしたレコメンド機能で購入率と購入金額をアップさせることに成功しています。他にも、倉庫でのオペレーションや、価格の調整などにもデータ分析が活用されており、Amazonの世界シェアを押し上げた理由は、データ分析の活用が大きいと言っても過言ではないでしょう。そして、ウォルマートもデータ分析を上手に活用して事業の効率化を図っています。商品の売上が下がった理由がスピーディーに解析され、在庫が減った店舗にはスムーズに商品を補充するなどのフローが、データ分析によって支えられているのです。

飲食業でのデータ分析活用事例

飲食業においても、正確なデータ分析が求められます。データ分析の活用で、コスト削減と集客アップを実現しているのが、大手回転寿司チェーンのスシローです。総合管理システムを導入することで、1分後と15分後に必要なネタと数を予測することに成功しています。これによって、顧客が食べたいと思う寿司をスムーズに提供できます。しかし、それだけではありません。この管理システムによって、食材の廃棄量を4分の1ほどに減らすことにも成功しているのです。このように、データ分析の活用は、顧客の満足と経営側の経費削減を同時に叶えることまででき、さまざまな分野において重要であることが理解できるのではないでしょうか。

データ分析を行う上で理解しておくべき注意点

データ分析は、ただ行えばいいというわけではありません。業務の効率化や顧客満足度をアップさせるために正しく活用するには、注意点もあります。まず、部分的なデータだけ見るのではなく、総合的なデータからも読み取ることです。主観的に判断する面も重要ですが、客観的に判断する面も同時に重要になります。そして、データの相関関係や因果関係を見出し、適切な仮説を立てて検証していくことが、何よりも重要です。決して思いつきや、個人が持っている固定観念に左右されないようにしましょう。そうなってしまっては、適切な分析とはいえません。せっかくのデータが活かせないことになります。データを活用するには、常に注意して分析することが必要です。

データ分析の極意を事例から学ぼう

ここまで見てきたことでも分かるように、製造業や飲食業、流通業などさまざまな業種で、データ分析が活かされています。時間やコストのムダを省いて効率化を目指すには、データ分析は不可欠です。しかし、実際、どのようにデータ分析を行ったらいいか分からない人も多いでしょう。むずかしいソフトの導入は、覚えることや作業に手間取るばかりで、うまく活用できないこともあります。そんな悩みは、クラウド型データ解析サービスで解決しましょう。「Cloud解析Tableau」は、ドラッグ&ドロップの、マウスを使った基本操作で、作業に時間を取られません。データ分析の結果も視覚で捉えることができるため、分かりやすく、分析や考察に多くの時間を割くことが可能です。

<関連記事>
Cloud解析の分析テンプレートを触ってみよう
●WEB解析の終焉!?データ分析が重要な時代へ突入

こちらの記事も人気です

    この課題を解決するソリューション