カテゴリ:

人材管理に人工知能が活きる!業務効率化にもつながる人材のクラウド管理方法とは

人工知能(AI)を様々な業務に導入することで、企業を支えるシステムの再構築を図るケースが増えています。その中のひとつである人工知能による人材管理は、働き方を変える大きな要因として注目を集めているのです。今回は、人材管理における人工知能の活用事例をご紹介します。

人工知能による人材管理の導入例

人材管理には、個人情報だけでなく、スキルや職務経歴、企業内でのポジションの履歴など、様々な情報が必要になります。膨大な情報量を管理しながら、多面的にデータを分析した上で人材活用に反映するためには、時間と費用双方の投資が必要です。

大手プロダクトメーカーでは、こうした人材管理基盤を刷新する人工知能搭載の人材マネジメント統合プラットフォームを構築したことを2017年11月に発表しました。このプラットフォームの特徴は、人材育成や人事、個々のパフォーマンス管理など、人材に関わるすべての情報を、人工知能が検索できるひとつのデータベースに統合したことです。

業務効率化につながる人材管理

人材に関わる全データの統合は、業務効率化にもつながります。人材採用のスキームや、社員の評価は熟考する時間を要し、明確な答えを持つ業務ではないため、人事担当者のセンスや嗜好といった感情的要因に左右されやすいものです。

これらの業務に対し、一定のルールに基づいて人材を分類・精査する人工知能が加わることで、公平な判断基準とスピーディな選択肢を得ることができます。人工知能による人事業務の効率化を試験的に導入した企業では、こうした取り組みが将来的に8割超の業務効率化につながると試算しています。

最適な人材活用で、将来的な業務効率化を実現

こうした人材管理の新たな方法は、将来的な業務効率化にもつながります。人工知能による人材データの分析は、人間が作業する際に考慮しづらかった、個々人の潜在的な資質などにも及びます。経歴に対するジャッジメントも、単なる企業名や役職名での判断だけでなく、「それらの業務に携わってきた結果、どのようなスキルが身についているか」などの推察も可能になるでしょう。

人工知能による人事では、それぞれの社員が最も適し、強みを活かせる業務への人員配置を可能にします。チームのバランスを良くすることや、業務分担の最適化にもつながるでしょう。その結果、企業全体の生産性を向上させると考えられるのです。

人工知能による人材管理で競合他社と差をつける

人工知能による人材管理は、2018年現在導入例が少ないため、発展途上段階であると言えます。また、システム構築には各企業の人材を管理したデータが必要であり、試験導入を重ねてシステムとして稼働するまでには時間を要します。

だからこそ、人工知能活用の先端を走ることで、競合他社と差をつけることができます。人材は企業の礎であり、全業務を支える最も大切な要素です。人材管理の効率化に取り組むことで、企業全体を改革することができるでしょう。

IBM Watson日本語版を活用したCloudAI チャットボットで、お問い合わせは全ておまかせ。

IBM Watson日本語版を活用した、人の自然な話し言葉を認識してお問合せに回答するAIチャットボットシステム『CloudAI チャットボット』は、お問合わせや情報を探す時間にかけていた時間を劇的に効率化するソリューションです。


<関連記事>

・人工知能(AI)とロボットの違いとは?

・ITの活用で働き方改革!実現する仕事の質の変化とは?

こちらの記事も人気です

    この課題を解決するソリューション