カテゴリ:

90年代後半から大手企業を中心に導入が進んだERPは、今や中小企業でもその利用が確実に進んでいます。しかし、ERPなどで蓄積されているデータをリアルタイムで可視化して企業の経営戦略に使えているところは多くありません。ERPの導入だけではそれが実現できないことから、BIツールと呼ばれる分析可視化するツールの導入が進むようになっています。今回は、このBIツールのメリットについてご紹介していくことにいたします。

BIツールの役割とは

BIツールにはいくつかの典型的な役割が存在します。まずその1つがレポーティング機能です。社内に内在する様々なデータをとりまとめ、ダッシュボード上でデータを可視化することで、分かりやすく示すことが可能になります。そのため、経営層の戦略判断に大きく貢献することができる点は秀逸な役割といえるでしょう。これは、ERPなどの基幹システム導入だけでは実現しえなかった機能です。

また、複数のデータの関係性を異なる角度から見ることができるOLAP分析を可能としている点も、BIツールの大きな役割の1つといえます。足元の状況だけを可視化して伝えるのではなく、仮説を検証し、確認することで、将来予測することが可能となる点も大きなメリットとなります。

様々なデータを駆使したデータマイニングを行い、その中から法則性を見つけ出すのも、BIツールの機能の役割の1つです。仮説からその結果を検証することももちろん重要ですが、それに増してデータから法則性関連性といったものを見つけ出すことも、企業にとっては大きな発見になり、大切な要素となります。BIツールなら、こうした役割も果たしてくれることになるわけです。

さらに、BIツールを使えば、企業経営における戦略立案と実行をPDCAというサイクルで回していくことができるため、常に戦略実施検証が可能となり、状況に応じた戦略変更の策定も可能になります。これも、BIツール導入ならではの役割といえるでしょう。

BIツール導入のメリット

BIツールの導入メリットは、データ分析の専門家でなくても簡単にデータの詳細分析を行うことができる点、そして経営や事業に具体的な情報を活用できる点です。これまで、データ分析や解析は、企業内でも一部の専門家だけが実施できるものであり、時間もコストも大きくかかるものとされてきました。しかし、今ではBIツールを使ってユーザーが知りたい情報を自在に分析することができるようになっているのです。これは、BIツール導入の大きなメリットといえるでしょう。多くの企業は、様々な基幹システム導入で重要なデータを大量に保有しているにも関わらず、適切な分析を行うことができずに宝の持ち腐れとなる時間を長く過ごしてきましたが、BIツールの誕生はこうした状況を一変させるものとなってきています。

実際の利用例

BIツールの利用は、既に広範に始まっています。これまで、BIツールはオンプレミスに自前のシステム導入をすることが基本となってきましたが、今やクラウドを利用して即座にBIツールを利用することもできるようになってきました。俺のクラウドが提供するCloud解析もその1つで、自前のシステム導入を一切行わなくても、企業が既に保有している膨大なデータを解析して経営に直接役立つ判断に利用が可能になっています。こうした利用は、大手企業ではなく中小企業でもすでに始まっています。

サンヨーコーヒー様におけるデータ可視化の事例

大分県別府に本社をおく株式会社サンヨーコーヒーでは、俺のクラウド・Cloud解析を導入し、売上等の実績分析に積極活用されています。これまでも営業の数字を重視してきた同社でしたが、数字から読み解けるものは多いものの、社員全員でその情報を共有することは難しい状況にあったといいます。
そこで導入したのがCloud解析で、この仕組みを利用することで、社員全員がデータから意識を共有することが可能になったと評価をいただいています。
Cloud解析を利用すれば、あらかじめ定義したデータを流し込むだけで簡単に解析データを取り出すことが可能となります。また、手間もかからず、しかも情報はグラフで瞬時に可視化されるため、理解しやすいものをアウトプットできるという点にも喜んでいただいています。
同社では、もともとデータを分析できる仕組みを持たれていたそうですが、Cloud解析のデモをご覧になって、「これは使える」という判断から導入を決定されたとのことです。そして事前の直感どおり、大きな価値を提供するツールとして機能するようになっているとのことでした。

中小企業にとって、自前でシステムを導入することによる負担は非常に大きなものになるわけですが、クラウドのサービスによる解析ツールの提供は、そうしたリスクを排除することができます。また、利用決定から実際の利用で成果を出すまでのリードタイムもきわめて短期間で済む点が、大きなメリットとなっていることが分かります。
Cloud解析は、既に自社内で蓄積されたオンプレミスデータや、クラウド上に新たに蓄積したデータを連携してシームレスに分析することが可能となります。利用によるハードルが極めて低く、いきなり大きな成果を出すこともできる点は、中小企業にとっても魅力的なサービスといえるのではないでしょうか。

Cloud解析は、直感的な操作で誰もが利用出来る!次のアクションにつなげるクラウド型データ解析

俺のクラウド「Cloud解析」は、専門的な知識・スキルは不要でドラッグ&ドロップなどの簡単なマウス操作のみで、直感的に情報の解析・活用ができる仕組み。解析の切り口を変えたいときも 同様にマウス操作で簡単に変更可能。また、解析のスピードが早く、人が考えるスピードを止めないため、「ひらめき」を逃しません。

Cloud解析の製品パンフレット、およびサンヨーコーヒー様の詳しい事例の資料は下記よりダウンロードができます。





<関連記事>

●手軽で高機能なデータ解析―Cloud解析を触ってみる
●Cloud解析の分析テンプレートを触ってみよう

こちらの記事も人気です

    この課題を解決するソリューション