カテゴリ:

ビジネスにおける様々な業務でシステム化・データ化が広く進んでいる今日ですが、受注業務においてはFAXや手書き伝票での注文がいまだ多く残っており、システムへの手入力作業をする企業が多く残っています。

手書きや印字の情報のデータ化として存在しているOCRが数十年前から存在しますが、日本語はひらがな、カタカナ、漢字と文字の種類が多く誤認識が少なくなく、人の目での確認の手間がどうしても残ってしまいます。

このOCRが、最近になってまた注目を集めています。

RPAやAIが登場したことにより、手入力業務を削減するツールとして話題になっています。

活字文字だけでなく、手書き文字をAIが学習するようになったことで、OCRの識字率の精度があがってきていることもあり、様々な業務効率化の事例が出てきています。特にRPAとAI-OCRを組み合わせることで圧倒的な作業時間短縮をした事例も出てきています。

こちらはFAXでの受注業務をAI-OCRとRPAを組み合わせたことで業務効率化を大きく推進されたお客様の事例です。

紙の帳票入力でお悩みのお客様、この機会に是非働き方を見直してみませんか?

手入力を削減する具体的な「しくみ」については以下の資料をご覧ください。

こちらの記事も人気です

    この課題を解決するソリューション