カテゴリ:

ビジネスにおける様々な業務でシステム化・データ化が広く進んでいる今日ですが、受注業務においてはFAXや手書き伝票での注文がいまだ多く残っており、システムへの手入力作業をする企業が多く残っています。

書きや印字の情報のデータ化として存在しているOCRが数十年前から存在しますが、日本語はひらがな、カタカナ、漢字と文字の種類が多く誤認識が少なくなく、人の目での確認の手間がどうしても残ってしまいます。

このOCRが、最近になってまた注目を集めています。

RPAやAIが登場したことにより、手入力業務を削減するツールとして話題になっています。

手入力を削減する具体的な「しくみ」については以下の資料をご覧ください。

こちらの記事も人気です

    この課題を解決するソリューション