カテゴリ:

働き方改革 対策

国内における生産労働人口の急激な減少により、新たな労働力の確保が難しくなりつつありますが、その解決策の1つとして、好きな時間に自宅で仕事を行うことができる「テレワーク」という働き方が注目され始めています。そこで今回は、このテレワークのメリットについてご紹介していきます。

テレワークとはどういう働き方か?

テレワークは、日本語では「在宅勤務」という意味で、情報通信技術を駆使することで場所や時間にとらわれることなく労働力を提供することができる働き方です。インターネットが普及する前まで、テレワークという働き方はコンセプトとしてあってもなかなか実現しにくいものでした。ただ、クラウドであらゆる業務環境がネット上から提供されるようになったことで、自宅でもオフィスにいる時と同じようなファシリティを提供できるようになったことが、テレワークを強力に推進する力になってきています。

従業員の視点でのテレワークのメリット

テレワークは、従業員の視点でも多くのメリットがあります。まず、仕事と育児、介護などの両立が可能になることで、子育てに専念して働くことから遠ざかってしまった有能な女性の労働参加を可能にします。これは、やはり大きなメリットと言えるでしょう。また、通勤時間を減らすこともできるため、朝晩通勤に多くの時間を使い消耗する必要もなくなり、より楽な働き方が実現できます。なにより、固定的にオフィスに努める勤務形態よりも、柔軟に労働提供できるようになるため、ワークライフバランスをしっかりと保つことも可能になります。

社会視点でも大きなメリットが存在

社会的な視点でも、働くことができる人の数が飛躍的に増えることになります。そのため、朝に集中する交通渋滞やラッシュの解消など、地域の活性化にも寄与することができます。これはまさに、本質的な働き方改革の大きな柱になるものと言えるでしょう。

このように、テレワークには様々なメリットが存在しており、国内では実現に向けた広がりが期待されてきています。

Cloud電話帳は、オフィス内外のコミュニケーションを安心、安全に支えます。

社外や自宅で働く人にとって、顔の見えないチームのメンバーが今、何をしているか?を知ることは、円滑なコミュニケーションをとるためには必要不可欠です。Cloud電話帳を使えば「連絡先相手が今どんな状況なのか」が一目で分かるため、最適な方法でコミュニケーションをとることが可能になります。社内外いる場所に関係なくコミュニケーションを効率化し、「いつでもどこでも、人が中心の働き方」を実現します。

<関連記事>
●在宅勤務を改めて考える!クラウドでテレワークを実現できる時代に

●86%のエンジニアが賛成!【在宅勤務・テレワーク】の導入状況とエンジニアの意見

こちらの記事も人気です

    この課題を解決するソリューション