カテゴリ:

いつまでも同じコンテンツを流し続けていては誰にも見てもらえないサイネージになってしまいますが、ひとつひとつのコンテンツを真っ新な状態から毎回作ろうとすると運用は大変です。実際にコンテンツ作成でお悩みの方も多いのではないでしょうか。


今回は、「コンテンツ作成のポイント」です。情報が簡単に更新できて、魅力的なコンテンツを作るには、テンプレートがポイントです。そこで、具体的なテンプレート活用例をご紹介します。


季節感やイベントイメージにあったテンプレートを予め用意しておけば、必要な個所だけ変更することでより効果的なコンテンツを簡単に作ることができます。

またテンプレートを利用することでコンテンツに統一感が生まれ、手間をかけずにプロが作ったようなコンテンツを作ることができるのです。
とにかく、サイネージのコンテンツはイメージが命。
同じテンプレートを利用していても、テキストのみ、写真とテキストの組み合わせなど、ちょっとした工夫でまた違った印象のコンテンツにすることもできるのです。

社内情報共有のためのコンテンツの場合には、テンプレートカラーで情報発信の部署を分けると効果的です。人事情報はブルー、総務系はグリーン、情報システムはレッドなどルール決めをすることで、一目見てどんな情報かわかるようにするといった工夫の仕方もあります。

JBCCでは、デザインされたテンプレートをご提案することもできます。

お気軽にお問合せください。

Cloud放送局」は、直観的な操作で手軽に番組構成ができるクラウド型デジタルサイネージシステムです。

俺のクラウド「Cloud放送局」は、ドラッグ&ドロップのマウス操作のみ、簡単3ステップでコンテンツ配信ができ、サイネージの煩雑なコンテンツ管理の課題を解決します。店舗や拠点ごとの番組編成も可能で、大規模環境でも簡単に管理ができます。

「デジタルサイネージ」記事一覧 | 俺のクラウド >>> デジタルサイネージに関する情報が豊富に!詳しくはこちら

<関連記事>
●デジタルサイネージのコンテンツはどうしたらいい?業者に頼らないコンテンツ作成
●サイネージのコンテンツ更新を簡単に! 【Cloud放送局 SnapApp】
●ロボットとサイネージの連携でおもてなしをステップアップ!【Cloud放送局 Sota連携】
●音で映像を切り替える!デジタルサイネージの新たな活用技術【Cloud放送局 音響通信】

こちらの記事も人気です

    この課題を解決するソリューション