カテゴリ:

デジタルサイネージの低価格化が進み、従来のような「公共交通機関・ショッピングモール」などの大手に限定しない事業者の間でも活用が広まりつつあります。

今回は、特に地域活性化に使えるデジタルサイネージの活用方法と、実際にローカル情報を発信している事例をご紹介します。

デジタルサイネージならではの「ローカル発信」

デジタルサイネージは、設置場所が固定された大型の広告媒体です。リアルタイムでの情報発信能力に優れ、「動くポスター」として強い訴求力を持ちます。地域活性化のための使い方として最もおすすめしたいのは、「ローカルな『今、この瞬間』の情報発信」です。

おすすめコース紹介

地方の観光案内所などには、大抵の場合、観光スポットを紹介するパンフレットやルート情報が配布・掲示されています。これらをサイネージによる大画面で表示することで、紙パンフレットへの誘導やおすすめコースの紹介をより効果的に届けることができます。

各観光スポットに次への誘導

観光スポットごとにデジタルサイネージを設置すれば、「近隣のおすすめスポット」や「近場で食べられるランチ情報」の配信などで、利用者の「楽しかった、次はどこに行こうか?」というわくわくした気持ちを更に盛り上げることができます。

テレビや雑誌、ネット配信だけではカバーしきれない「今だけ」の情報を発信

「今、この場所にいる人」だけに向けた情報を発信するのにデジタルサイネージは最適です。いわゆるお楽しみ情報だけではありません。「災害などの発生」や「交通機関のトラブル」、「天候の急変」など、住民や観光客の安全に関わる情報の配信にも有効です。安全に関する情報をサイネージから受け取れることが分かっていれば、安心して生活や観光を楽しむことができるでしょう。

ローカルメディア媒体の社内外活用

デジタルサイネージをローカルメディア媒体として、社内・社外両方で利用している事例があります。社内の情報共有が拠点の統合実現を後押しし、現在では地域の活性化につながる情報発信の窓口としてサイネージシステムが活用されています。

以下の、実際の企業導入例もご覧ください。

◇社内への作業指示と地域に向けた情報発信 クラウド型デジタルサイネージ導入事例

地域活性活用のヒント

地域活性のための情報発信を行う際にどうしてもネックになるのは、人的リソースの問題です。

大手メディアのように、情報発信に関して豊富な知識を持つ専任者を採用するのは、現実的に難しいのではないでしょうか。

そこでおすすめしたいのが、上記事例で採用されている「俺のクラウド Cloud放送局 mot!VISION」です。クラウド型配信システムならではの導入コストの低さと、配信の利便性が最大のメリットです。直感的な操作で、誰でも「今この瞬間に届けたい情報」をコンテンツ化し、すぐに配信することが可能です。

おわりに

デジタルサイネージは、従来の媒体が持っていた弱点をカバーする、非常に訴求力の高い広告媒体です。クラウド配信システムと組み合わせて、観光や地域交流を促進してみてはいかがでしょうか。

こちらの記事も人気です

    この課題を解決するソリューション