カテゴリ:

割合(パーセント)を表すのは、円グラフだけと思っていませんか?

Taleau Jedie(タブロー・ジェダイ)の「さかまき」です。

2回目のブログです!

<前回の記事>
線グラフ、棒グラフ、エリアグラフの効果的な使い分けとは?

皆さんは全体の割合を説明するときにどの様なグラフを使用していますか?

円グラフを使用しているという方が多いのではないでしょうか。
Cloud解析では、円グラフを使用して割合をみることは推奨していません。
その理由は2つあります。

  • 隣り合う要素同士でしか比較することが難しい。
  • 人間の視覚的に角度の大きさで量を判断するのが難しい。

円グラフを使用する悪い例を見てみましょう。
同じような角度の要素が多くて、どれが一番割合が大きいかを判断することができません。

それでは次に円グラフと棒グラフで並べてみましょう。
あえて大きい順には並び替えていません。

円グラフと棒グラフの比較

棒グラフを見れば、「椅子」のサブカテゴリが一番割合が大きいことが分かりますね。
また、「アプライアンス」と「コピー機」を比較して、「コピー機」の方が大きいことも分かります。

要素が多い場合や差が明確でない場合は、円グラフよりも棒グラフの方が理解しやすいのです。
また、より理解しやすいグラフを目指す場合、下記のような方法が有効的です。

  • 並び順を適切な順番に変更する
  • 数値を表示することによって具体的な差を明確にする。

円グラフと棒グラフの適切な並び順

よりどの要素が一番大きいのか分かりやすくなりましたね。

まとめ

円グラフ  

要素が多い場合は、割合の差を判断するのが難しい。どうしても使用したい場合は、要素を3つ以下にすること。

棒グラフ  

それぞれの要素の量の差や割合を比較するのに優れています。

  • 適切な並び順にすることが重要。
  • 差を明確にする為に、数値を表示する。

余談ですが、かっこいい円グラフを作成するのに、下のような3Dのグラフを作っていませんか?
じつは、この方法だと、「遠近法」と「側面の面積」によって、視覚による錯覚を起こしてしまうのです。

下のグラフをご覧ください。

一番数字の大きい「椅子」より、4番目の「アプライアンス」の方が大きく見えませんか?そのため、正しく情報を伝えるためには、正しいグラフを選択することが重要なのです。それでは、良いビジュアル分析ライフを!!

<関連記事>

●手軽で高機能なデータ解析――Cloud解析を触ってみる
●コグニティブ・テクノロジーの利用に向けて_Node-RED(1)

こちらの記事も人気です

    この課題を解決するソリューション