カテゴリ:

ICTで働き方が変わる。「ふるさとテレワーク」が実現させる地方移住のライフスタイルとは

日本全国にインターネットインフラが成熟し、ICTの活用が地域経済活性化の鍵になろうとしています。ICTの活用方法や活用による効果、今後期待される産業界の変化について解説します。

ICTとは

ICTとは、Information and Communication Technologyの略称で、直訳すると「情報通信技術」となります。かつての「IT革命」はInformation Technologyによる業務の効率化やエコ化を指していましたが、現在は特に「通信技術」によるボーダレスなコミュニケーションの活用が企業や社会の革命を推進すると考えられています。

<関連記事>
●あなたはわかる?ITとは違う新しい情報技術ICTとIoTとは

ICT活用による効果

ICTの活用によって、場所を選ばないコミュニケーションが可能になります。それによって特に大きな変化が期待されているのが、「教育」「医療」、そして「雇用」です。

教育分野では、ポータルサイトを中心として学校・保護者・校外学習の教育を統合管理、学習ログを共有する「教育クラウド・プラットフォーム」による、新しい学習スタイルの確立が期待されています。

医療分野では、カルテや母子手帳を電子化し、個人の健康情報を医療や介護、サポート機関で共有する「PHR(Personal Health Record)プラットフォーム」は医療の地域格差を解消し、里帰り出産や療養の際に適切なケアを受けるための重要なベースサービスになるでしょう。

そして、雇用分野で地域経済活性化に直接的な期待がかけられているのが、UC(Universal Communication)の活用による「ふるさとテレワーク」の実現です。

ふるさとテレワークとは

通信技術の発展によって、「決められた時間・決められた場所」に集まって仕事をする必然性は薄れつつあります。ICTの活用によって地域でも都市部と同じように働く環境を実現させることを「ふるさとテレワーク」といいます。具体的には、まずサテライトオフィスやテレワークセンターにいつもの仕事がどこでも続けられる環境を整備します。そこを拠点として都市部の人材を地方に誘致し、UターンやIターンを望む社員の遠隔雇用や、新規ビジネスの起業や現地雇用を推進します。

<関連記事>
●労働の時間と場所にとらわれないテレワークで期待できる効果

ふるさとテレワークを支えるICT

ふるさとテレワークを支えるのは、コミュニケーション手段を統合するユニバーサルコミュニケーション(UC)技術です。業務データをクラウド上で管理、UCツールによって有効な連絡手段をリアルタイムで認識し、ストレスのない情報共有を実現します。

いまは同じ本社オフィスにいても、フロアが違えば電話やメール、メッセンジャーツールで連絡を取り合うのが当たり前です。就業者もそれに慣れており、物理的な距離は仕事の支障になりにくくなってきています。それを拡張して、都市部と地方、あるいは地方と地方での遠隔就業を可能にすること、それによって働く場所や働き方に柔軟性をもたせ、ワーク・ライフ・バランスの向上と人材活用、地域活性化を同時に実現することが、ふるさとテレワークの狙いです。

おわりに

以上、ICTを活用した新しい働き方「ふるさとテレワーク」について解説しました。キーテクノロジーは、距離を超えたコミュニケーションを実現する ユニファイドコミュニケーションツールです。クラウド技術による働き方の改革はこれからも続いていくと考えられています。

<関連記事>
●働き方改革が促進する一人ひとりのライフステージにあった柔軟な働き方
●86%のエンジニアが賛成!【在宅勤務・テレワーク】の導入状況とエンジニアの意見

こちらの記事も人気です

    この課題を解決するソリューション