カテゴリ:

EDIとEOSの違いとは

一昔前まで、商品の発注といえば電話かファックスが当たり前でした。しかし、最近は「電子データ」をそのまま利用して商品の発注が行えるようになってきています。こうした電子データ発注には、EDIとEOSといったものがありますが、どこが違うのでしょうか?今回は、そんなEDIと EOSの違いについて、詳しくご紹介していきます。

電子データ発注のメリットとは

電子データを利用して発注を行うことには、いくつものメリットが存在します。まず、データを作成してそのまま発注できるため、発注書をわざわざ印刷する手間がなくなります。また、紙の状態で発注書を保存しておく必要もなくなるため、完全に発注プロセスがペーパーレスになるわけです。こういった点は、大きなメリットと言えるでしょう。そして、データは自動的に発注されますので、電話やファックスなどによる誤発注はなくなります。当然そのデータを手元に残すこともできるため、発注状況もすぐに把握することができます。

EDIとEOSは何が違うのか?

電子データの発注においては、EDIとEOSというものが存在します。では、このEDIとEOSの違いは何なのでしょうか。

EDIはElectronic Data Interchangeの略語で、日本語では「企業間電子データ交換」と呼ばれています。一方、EOSはElectronic Ordering Systemの略で、日本語では「企業間のオンライン受発注システム」と呼ばれています。EDIは、発注のみならず納品データなどを仕入先から小売業に送ることも可能となるため、「EOSはEDIの機能の一部である」と理解すれば分かりやすいでしょう。逆に言えば、EDIの仕組みを利用して受発注のシステムを構築したものがEOSということです。具体的には、EOSはEDIの仕組みのうち、チェーンストア各店舗が発注データや検品後の確定データをVAN会社やサーバーセンターに送信し、受注企業がそれを受信する仕組みのことを指します。

インターネットEDIを利用すればさらに便利

現在、EDIは公衆回線網を利用してデータのやり取りをしていますが、2024年には固定電話が完全にIP化することが決定しており、既存のEDIが利用しているISDNサービスは終了となります。したがって、EDIはインターネットプロトコルを利用した、いわゆる「インターネットEDI」への移行が本格化している状況にあります。このフォーマットならば、国内および国際標準に準拠した様々なプロトコルに対応できるため、安心して利用することが可能となります。弊社でご提供している俺のクラウド「NX EDI」は、インターネットを利用して最先端・高規格のEDIを実現するサービスの1つとして注目されており、既存のEDIからのリプレースメントにもっとも適した商品として高い評価をいただいております。

従来型EDIの課題

<人気記事>
●ISDN終了時期を2024年に後ろ倒しへ。しかし必ずやってくる「終了」の前に早めの移行計画を!

俺のクラウド「NX EDI」は、連携ニーズが高まるビジネス最前線をサポートします

俺のクラウド「NX EDI」は、企業間電子商取引に求められるあらゆる機能と、24時間365日ノンストップ運用を担う高可用性、信頼性を備えたEDIサービスです。国内外問わずインターネットを介したEDIを実現する様々な通信プロトコルと様々なデータフォーマットに対応したデータ変換機能を提供し、国内EDIはもとよりグローバルEDIも合わせ支援し、お客様の売上拡大とコスト削減に貢献します。


<関連記事>
●これからの商取引は取引相手としての評価が高まるEDIを前提に
●これからの経営で重視したい、デジタル技術の利点とは

こちらの記事も人気です

    この課題を解決するソリューション