カテゴリ:

経営・会計など、組織に関するビジネスデータを分析して経営上の意思決定に利用することを「ビジネスインテリジェンス(BI)」と言います。BIを自社で行う「セルフサービスBI」のメリットと、セルフサービスBIツールの具体的な機能について解説します。

セルフサービスBIツールとは

データ分析をサポートするツールは数多く、「データディスカバリツール・データビジュアライゼーションツール・アジャイルBIツール」などと呼ばれています。これらの中で、エンドユーザが自分でデータ分析を行うためのツールが、まとめて「セルフサービスBIツール」にあたります。

<関連記事>
●データ解析で注目のセルフサービスBIとは?

セルフサービスBIツールの機能

セルフサービスBIツール最大の特徴が、分析データを視覚化する「ダッシュボード機能」です。分析結果をダッシュボード上でグラフ表示し、専門家でなくてもデータの意味を理解できる仕組みになっています。

また、誰でも活用できるように「ノンプログラミングでの分析」が可能になっているのも、専用ツールならではの機能です。データの項目を表から分離したり、データベースから自動引用したりと、直感的な操作でリアルタイムに「いま」の情報を利用できます。

セルフサービスBIのメリットポイント

セルフサービスBIを導入する最大のメリットは、データ分析の「脱Excel」にあります。BIツールを使ってみると、「Excelでも同様の操作を行うことは可能では?」と感じるかもしれません。しかし、Excelではデータの二次加工や引用の設定などが必要で、その操作性も専用ツールほど便利ではありません。一つひとつの分析に、どうしても時間がかかってしまいます。

セルフサービスBIツールは、多様なデータソースからの引用、大量のデータ操作、リアルタイム分析に対応します。オープンデータを始めとするビッグデータとの連携にも対応し、即時性の高い情報活用を可能にするでしょう。

<関連記事>
●まだEXCEL使ってる?あなたの会社のデータ分析効率が劇的変化するツール!

おわりに

初めてのセルフサービスBIには、お試し導入が可能なクラウドソリューションを検討してはいかがでしょう。大掛かりな初期投資も不要で、「いま、すぐに」BIを始められるのがクラウドシステムのメリットです。JBCCの「俺のクラウド Cloud解析」は、現場・管理者・経営者など、企業のあらゆる層にいる人材がそれぞれにとって必要な情報を分析し、リアルタイムで業務判断に活かすことを可能にします。

企業のデータを何かに活かしたい、Excelでの情報処理を不便だと感じている、などがあれば専用ツールを導入してデータ分析を始めてみてはいかがでしょうか。

こちらの記事も人気です

    この課題を解決するソリューション