カテゴリ:

ビッグデータ+クラウドで、大量のデータに価値を生む

ビッグデータの活用は現代の企業経営にとって命題となりつつあります。しかし、ビッグデータを活用することによって具体的に何ができるのかよくわからない。また、どのようにして大量のデータを取り扱えばいいのかという企業も多いでしょう。今回は、ビッグデータ活用の一例と、企業がビックデータを運用するためのクラウドの利用に関して見ていきましょう。

ビッグデータによってできること

TVやあらゆるメディアにて「ビッグデータ」という言葉に触れる機会が増えています。新型のコンピューターやスマートフォンなどの情報端末の進化によって、フェイスブックやツイッターなどをはじめとする様々なソーシャルメディアが一気に普及したことにより、従来では想像できなかったような多様かつ膨大なデータが日常的に生み出されるようになりました。このインターネットから生み出される膨大なデータを総称して「ビッグデータ」と呼んでおりますが、このデータを分析することによって企業は売上の向上や新商品の開発における大きなヒントなど掴むことができます。企業ばかりではなく、国の公共事業などでも活用が検討されており、近い将来的には防災対策や医療制度などでも活用が見込まれております。

ビッグデータ活用の具体例

ビッグデータは極めて多岐にわたり活用することができます。企業の営業活動やマーケティングにおける具体例を紹介します。

顧客層分析(セグメンテーション)

ビッグデータを活用し、過去から遡った形で売上高や利益率に紐づく顧客層を分類することにより、経営の目標に応じた「訴求すべき顧客層」を選定することができ、また改修すべきポイントが見えてきます。

ビジネスインテリジェンス(BI)関連のシステム開発・アップデート

ビジネス上のオペレーションを迅速化・効率化するために、既存の意思決定プロセスや管理体制、業務遂行フローをビッグデータの集積・分析から導き出します。これにより、各種BIツールや最適なフォーマットなどの組成を手伝います。

デジタルマーケティング施策の改善

コーポレートサイトやブログ、オウンドメディアやECサイト(ショッピングサイト)や会員サイトなど、企業には多くのデジタルタッチポイントがありますが、こういったサイトはデジタルマーケティングとして継続的に改善を繰り返す必要があります。ビッグデータを活用することにより、ユーザーがサイトに流入してきた経路やどのページにて離脱したかをはじめ、どのようなコンテンツを見て購入の申し込みや関心を示したかなどを集計し、それを分析することができます。このような分析結果をサイトに継続的に反映していくことによって、サイトからの収益を高めることができるのです。

ソーシャルリスニング

企業にとってモニタリングは、顧客に声に耳を傾けるという意味でも非常に重要ですが、コストや人的工数がネックとなり、容易に実施できないという企業が多くを占めているでしょう。しかし、ビッグデータを活用すれば、商品やサービスに対する意見や、セールスプロモーション・キャンペーンに対する反応やリスクに対する情報などを人的工数を最小化して獲得することが可能になります。

おわりに

このように、多くの企業活動にて活用できるビッグデータですが、データの抽出先や形式は多様化しており、データ自体の粒度も非常に細かくなってきています。つまり、企業内にあるサーバーで一元管理することが非現実的になってきているということです。その時に活用すべきがクラウド。クラウドでビッグデータを管理すれば、データ量や管理に関しても企業のケアは不要になりますし、関係者はどこからでもアクセスが可能になります。これからビッグデータの活用を検討されるのであれば、まずはクラウドでのビッグデータの管理を視野に入れることをおすすめします。

<関連記事>
・次世代の通信規格5Gとは?何が変わるの?高速通信が実現する未来

こちらの記事も人気です

    この課題を解決するソリューション