カテゴリ:

働き方改革を受けて各企業が労働時間や労働環境の再検討を迫られている中で注目される、リモートワークという働き方をご存知でしょうか?結果が求められるリモートワークは生産性向上の点でも期待されています。今回は、会社へ出社せず自分の好きな場所で働くリモートワークの魅力や、次世代の働き方の多様性をご紹介します。

リモートワークとは

リモートワークとは、在籍する会社に出社することなく、コワーキングスペースや自宅などの環境で仕事をする勤務形態を指します。テレワークや在宅勤務という言葉の指す勤務方法ともほぼ同義ですが、リモートワークは次世代の働き方という価値観とともに使われることが多い名称です。

リモートワークは、少子高齢化による深刻な働き手不足という課題の解決方法として語られるケースが多いです。たとえば、高齢の家族の世話をする必要があり出勤することが難しい働き手でも自宅から業務に携わることができるというパターンや、子育てによって仕事から離れるしか選択肢がなかった女性をサポートする形で、パートナーである男性がリモートワークを行うなど、様々な実例が挙げられます。

このリモートワークが一般化することで、働き手は出社という固定概念から解放されます。都内にオフィスが集中している企業に就職するために人口が一極集中している状態も、地方からリモートワークでの勤務が可能になれば、解決の糸口が見えるかもしれません。また、男女の雇用差や身体的障害によって出社が困難だった人材の活用なども促進されるでしょう。

リモートワークを実現させるツールの活用

こうしたリモートワークの鍵を握るのは、業務を支えるツールです。リモートワークでの仲間とのコミュニケーションや成果物のやりとりのほとんどは、コミュニケーションツールやクラウドサービスを通じておこなわれます。

そのデータの種類は多岐にわたり、テキストや画像、映像、音声など、柔軟に対応できる環境が必要になります。それらに対応したツールについては生産性の観点から見てこだわる必要があるでしょう。

たとえば、オフィスに通常出勤している仲間たちとコミュニケーションをとるためのメッセージツールは重要です。オフィスで何気なくやり取りされる進捗状況や最新情報も的確に察知できるフレキシブルなツールを利用することが求められます。スマートフォンと連携しているものを利用すれば、遠方や出先でも対応することができるのでスムーズです。

会議に使うツールも検討する必要があります。できる限りwebカメラを通じて顔を見せられるツールを選ぶべきでしょう。また、議事録として音声データを残せる機能があるものや、複数人のビデオチャットにも対応しているサービスなど、各企業に応じた機能を選択できるツールを比較して選びます。

クラウドサービスにも、編集した履歴がユーザー同士で共有できるものや、ダウンロードの設定が細かくできるものなど、メリットはそれぞれあります。無料でできる範囲が多いもの、課金すると他にはない機能が追加できるものなど料金とサービスの内容も比較してみましょう。

リモートワーカーの評価基準

リモートワークは、理想的な働き方として注目されつつあるワードですが、まだ一般的ではないという現状があります。したがって、リモートワークを選択する働き手は、自ら率先して良いリモートワーク環境を構築していく意思が必要です。

重要なのは、存在感をしっかりと業務や成果で見せていくことです。社内にいることで自然と報告や連絡、相談ができていた環境から自らが離れることに責任を持ち、全ての業務内容を的確に可視化していきましょう。

たとえば、チームの誰かが忙しい状態であることや、会社全体が注目しているトピックがあること、ホットな話題が生まれた瞬間などを、できる限り共有してもらう努力をするべきです。こうした努力は、自分よがりでは出社している相手に対して嫌悪感を与える可能性がありますので、十分な配慮とともにリモートワークに必須の人間関係構築と捉えて挑みましょう。

リモートワークの場合、成果物でしか業務を証明することができません。本来は出社している場合も成果物を残して然るべきなのですが、その場にいるという事実から勤務時間による対価を優先されることもしばしばあります。こういった甘えが許されないのがリモートワークです。

そのため、いかにして成果物をオフィスにいるかのようにコンスタントに見せていけるかが、リモートワーカーを続けていくための重要な評価基準となるでしょう。

「Cloud電話帳」でオフィスとの距離感を近づける

こうしたリモートワークに適したツールとしておすすめしたいのが、「Cloud電話帳」です。「Cloud電話帳」は、連絡先の管理を基軸として、相手の状態をリアルタイムで把握することができる特徴があります。連絡したい相手が会議中なのか、現在忙しいかなどのステータスを確認することによって、確認の優先順位を調整することや、業務の采配に反映することができるのです。

また、リモートワーカーにとって必要不可欠なポイントであるデータのやりとりも、「Cloud電話帳」のクラウドで一元管理できます。リモートワークでは、スマートフォンやタブレットの使用が頻繁なため移動中のデバイス利用が多くなり、データの紛失や進捗データの重複などの問題も考えられます。「Cloud電話帳」なら、クラウド上に連絡先とともにデータを格納することができるため、安心してリモートワークに携わることができます。

オフィスに出社する状態と同等、またはそれ以上の仕事を実現するためにリモートワークの導入を検討している方は、「Cloud電話帳」によるチームでの連絡先とデータの一元管理を推薦します。

Cloud電話帳は、オフィス内外のコミュニケーションを安心、安全に支えます。

社外や自宅で働く人にとって、顔の見えないチームのメンバーが今、何をしているか?を知ることは、円滑なコミュニケーションをとるためには必要不可欠です。Cloud電話帳を使えば「連絡先相手が今どんな状況なのか」が一目で分かるため、最適な方法でコミュニケーションをとることが可能になります。社内外いる場所に関係なくコミュニケーションを効率化し、「いつでもどこでも、人が中心の働き方」を実現します。

<関連記事>

●働き方改革は抽象的な対策でなく、具体的に落とし込むことがポイント!

●働き方改革は必須!働き方が多様化する今の日本で「テレワーク」は重要課題!

こちらの記事も人気です

    この課題を解決するソリューション