カテゴリ:

働き方改革!会計業務の効率化、後回しになっていませんか?

巷では内閣主導による働き方改革が大きく叫ばれるようになっています。どのような規模の企業でも、社内における新たな業務改革による効率化が非常に重要なテーマになってきています。そんな中で、新たな仕組みの導入で業務をさらに効率化し、働き方改革に努めていくという動きが顕在化しつつあります。今回はそんな会計業務の効率化について考えてみることにしました。

大手はERP導入が一巡したが中堅以下はまだまだの状況

大手企業は、過去20年近くでERPのシステム導入がほぼ完了し、会計業務はERPで行うことが基本になってきています。しかし中堅以下の企業では、部門ごとに個別の会計ソフトを利用することはあっても、全社的に会計システムを導入するには至っていないところもまだまだ多く見られます。こうしたことから会計業務を効率化することは、働き方改革の第一歩として見逃すことのできない領域になってきているのです。

実際、働き方改革が声高に叫ばれ始めてから、中堅企業対応のERPシステムの導入がかなり活性化しており、多くの企業があらためて業務効率を高めるためにこうしたシステム導入に踏み切っていることがわかります。中堅企業向けのERPを提供している各社も受注が急激に増加しており、働き方改革を意識した企業のシステム導入は確実に増加中です。

<関連記事>
●ビジネス戦略にかかせない経営管理のための管理会計
●【会計専門家記事No.1】事務方から"経営戦略部門"に昇華するためのBIツール活用術

クラウド会計システムを導入するという選択肢も

ただ、ERPシステムをスクラッチから自社のサーバーに導入するのは、明確なIT部門をもたない企業にとってはそれ自体が大きな負担になりかねません。そこで注目が集まりつつあるのが、会計ソフトのクラウド利用になります。クラウドでの利用ならば、月次での利用者数のコスト負担により簡単に利用を開始することができますし、業界ごとのテンプレートが用意されているケースも多いので、利用決定から導入までの期間も短く、すぐに利用を開始できるのが大きなメリットになっています。会計システムを導入すると、会社内の経営状況もより一層把握しやすくなり、決算書の作成や確定申告に関わる業務の効率化にも大きく寄与することになります。

働き方改革はかなり奥深い改革となりますが、まずは手を付けやすい会計業務のシステム化で社内に確実な変化をもたらしてみてはいかがでしょうか。

俺のクラウド「NX会計」は、企業規模に応じて選べる会計システム

NX会計」は、国産パッケージならではの機能と優れた操作性を持ち、お客様の事業規模に応じて機能拡張が可能です。

こちらの記事も人気です

    この課題を解決するソリューション