カテゴリ:

AI市場は、国内においても急激に拡大を遂げていますが、その中でもAIの活用が期待される分野は、かなり明確になりつつあるようです。今回は、今後AIの活用が期待される分野について見ていきたいと思います。

今や中期計画を立てる上で外せないキーワードとなってきたAI

AIの利用が急激に進む中で、多くの企業が人手不足の解消と生産性の飛躍的な向上を目指してAIの積極的利用をはかる時代が到来しようとしています。今後企業としての中期経営計画を立てる上で、いかにAIを利用していくかということが、事業戦略の構築上きわめて重要なものになりつつあります。

国内AIシステム市場は5年で16倍に急成長

IT専門調査会社であるIDC Japanが発表した市場予測によりますと、AIシステムの市場規模は、2016年から2021年までの年間平均成長率は73.6%、2021年の市場規模は2016年比約16倍となる2501億900万円と試算されています。この成長率は、景気の拡大をはるかに超えるものであり、あらゆる産業でAIシステムが導入・本格稼働されることを示していると言えるでしょう。

AIの効果的な導入のヒント

急激に市場拡大が期待されるAI活用によるビジネスですが、現状では得意とする領域と、不得意な領域が依然として残っていることもまた事実です。
一定の限られた領域で最大限の効果を発揮させるという点では、既に人間の労働力をはるかに超える能力を発揮し始めているのがAIの現状です。例えば、チェスや将棋のような世界においては、ディープラーニングに支えられたAIは既に人間を超える能力を発揮し始めています。しかし、株式投資など変動要因や政治的、経済的な要因が大きく相場を左右するようなもの、つまりフレームを広げて考えなくてはならないようなものでは、AIは万全の勝利を収められていないという現実があるのです。したがって、確実に効果を得られる領域から導入していくことが、大きな成功への道しるべとなるでしょう。

AIを簡単に利用できるCloud AIチャットボット

そんな中で、実に身近な領域でクラウドを通してAIを簡単に活用できるサービスも登場しています。俺のクラウドが提供するCloudAIチャットボットはその典型的なケースです。FAQセットを用意すれば、それを学習することによって、自然な文章による問いかけに対して最適な回答を選択して返してくれるという優れた仕組みになっています。また、企業内では基幹システムのデータを参照することができるようになり、外出先のモバイル端末からアクセスすることで、商品情報や在庫情報を自在に照会することが可能となります。巷ではAIスピーカーが話題になっていますが、それをさらに業務向けにクラウド環境で利用できるようにしたのがCloudAIチャットボットなのです。
このように、既に簡単に導入できるAIが多く見つけられるようになっています。確実に効果を上げられる分野から、積極的に導入を検討する時代がやってきているのです。

<関連記事>
●ますますひろがる企業活動におけるAI活用

●企業におけるAI活用、どのように進めれば効果的!?

IBM Watson日本語版を活用したCloudAI チャットボットで、お問い合わせは全ておまかせ。

IBM Watson日本語版を活用した、人の自然な話し言葉を認識してお問合せに回答するAIチャットボットシステム『CloudAI チャットボット』がリリースしました!お問合わせや情報を探す時間にかけていた時間を劇的に効率化するソリューションです。


こちらの記事も人気です

    この課題を解決するソリューション