カテゴリ:

クラウドなら間に合う!マイナンバー制度対策

マイナンバー制度について

マイナンバー制度は、住民票を有する全ての国民に1人1つの番号を付け、社会保障や税、災害対策の分野で効率的に情報を管理し、複数の機関にある個人情報が同一人であることを確認するために活用されるものです。
本制度の導入に向け、2015年10月にはマイナンバーの通知が開始され、2016年1月から社会保障、税、災害対策の行政手続にマイナンバーが必要になります。

マイナンバーの利用が開始されると、企業は、パート・アルバイトを含め、全従業員のマイナンバーを取得し、源泉徴収票や健康保険・厚生年金・雇用保険などの書類にマイナンバーを記載することになります。 それに伴い、業務プロセスの見直し、人事給与など関連するシステムの改修、また個人情報管理規定に対応した運用・管理方法・社内従業員への教育を含めた周知徹底が求められ、これらの対応を怠り、不正利用や漏洩が発覚した場合には、非常に厳罰に処せられる可能があります。 しかし、マイナンバー制度の運用開始までもうあまり時間がありません。 今からシステムの改修に着手しても、間に合わない可能性があります。

企業のマイナンバー対応スケジュール

企業のマイナンバー対応スケジュール

マイナンバー制度対策における主なチェックポイント

Q1. 現在使用している人事・給与システムはマイナンバー対応が可能ですか?

人事・給与システムにマイナンバーの管理項目を追加し、画面や帳票等にマイナンバーや法人番号を出力するための改修が必要となります。パッケージをカスタマイズしていたり、オーダーメイド開発していたりする場合、改修すべきことはたくさんあり、工数もコストもかかります。マイナンバー対応で技術者不足による対応の遅れも懸念されます 。

Q2. マイナンバーを収集する方針は決まっていますか?

マイナンバーの取得は、正社員だけでなく、パート、アルバイト、役員も対象です。パート、アルバイトの多い小売業や、製造業、飲食業のお客様等は、マイナンバーに係わる事務処理が膨大になる可能性があるため、収集方法の検討が必要です。

Q3. 収集したマイナンバーのセキュリティ対策は万全ですか?

マイナンバーの不正利用や漏洩が発覚した場合には、厳罰に処せられる可能があるため、マイナンバーを取り扱う機器には、アクセス制限を付与したり、操作ログの管理を行う機能が必要です。また外部からの不正アクセスや不正ソフトウェアから保護する仕組みを導入し、適切に運用することが求められます。

Q4. マイナンバー収集対象者への教育は実施されていますか?

マイナンバーは法律で定められた目的以外では利用してはならず、悪用した場合には罰則も定められています。企業にはマイナンバーを適切に取り扱うための安全管理措置を講ずることが求められており、マイナンバー制度が始まる前に全従業員への周知・教育が必須です。

上記の項目に1つでも不安のある方には、クラウドサービスを活用したマイナンバー制度対策をご提案します。マイナンバーの収集から管理、セキュリティ対策、従業員向けの教育まで、マイナンバー対応をクラウド上でトータルでサポートいたします。 機器の調達やソフトウェアの調達・改修が不要なことはもちろん、万全のセキュリティで企業のマイナンバーを守ります。またクラウド上のさまざまなサービスとの連携により、リスクマネジメントだけでなく、業務の効率化も同時に実現できます。

<関連記事>
●マイナンバー制度の社内教育で抑えておくべきポイント
●マイナンバー制度への対応の進め方

マイナンバー対応ソリューション

マイナンバー対応ソリューション

効率的にマイナンバーを"収集" NXワークフロー

紛失や漏洩事故につながりやすいマイナンバーの収集をサポートする「マイナンバー取得テンプレート」をご用意。本人確認の正確性・安全性を確保とともに、提出漏れや未提出者の確認作業の効率化も図れます。

"利用から廃棄まで"完全対応 NX人事給与

法定調書のマイナンバー対応はもちろん、安全管理措置対策(暗号化・アクセスログ・権限設定・番号削除など)に対応した万全なセキュリティ機能を提供します。

安心、安全、便利な"保管"対策 俺のクラウド EcoOne

高セキュリティなクラウドサーバー、ストレージ上でマイナンバーを保管・管理。バックアップや日々のメンテナンスなどの面倒な運用からも解放。高価な設備投資や専任の運用人員が必要なくBCP対策も実現できます。

<関連記事>
●マイナンバー、未対応企業が気を付けなければならない本当の期限は?
●マイナンバー制度開始に伴うシステム対応

こちらの記事も人気です

    この課題を解決するソリューション