カテゴリ:

テレワーク導入を支援!厚生労働省が「労働管理」の新たな指針を改定

2017年、厚生労働省は企業の働き方改革を促していくため、企業から労務管理や就業規則の作成方法等の相談に対応する「働き方改革支援センター」を、各都道府県の労働局に設置することを決定しました。これは、国をあげた働き方改革の取り組みの一環であり、本格的に成果を上げることを強く目指したものの1つと言えます。

国がより積極的に企業を支援するための働き方改革推進支援センター

働き方改革は、労働力不足という大きな問題を前にして、企業規模の大小を問わずすべての産業において大きな課題となってきています。また、個別企業にとっては具体的に改革を推進する上で、労務管理や社内の就業規則をどのように改訂するかが非常に大きな問題となってきています。これにより具体的な支援を実現するためにも全国に「働き方改革支援センター」の設置が行われようとしているわけです。そのため今回の「働き方改革」という政府の動きからは国の強い意気込みと本気度を感じさせられます。

企業の労務管理の不安への具体的な対策も検討

政府は、働き方改革を実現するために「残業時間の上限規制」の導入を検討中です。ただし多くの企業では、従業員の労働時間の把握など労務管理に不安を抱えていることもわかってきています。就業規制の問題をめぐっては、医師、建設業、自動車の運転事業者などの場合向こう5年間の適用猶予が設けられており、こうした特定業種については別途、国としての支援策も検討されている状況にあります。

オフィス内外でコミュニケーションがとれることが重要

働き方改革をめぐっては、既存の固定的な労働からテレワーカーなどを含めた、より柔軟な労働参加といった取り組みも重要になろうとしています。国内における人口減少と高齢化に伴う生産労働人口の減少は、想像以上に進行しており、よりフレキシブルに働ける人材の労働参加の形態も模索されつつあるわけです。その1つとして注目されているのが、在宅で一定の労働提供を行うテレワーカーという働き方です。ただ、これを実現するためには、企業内で働くのと同じような環境をバーチャルに作り出す必要があるため、クラウドの積極的利用も具体的に検討され始めています。たとえば、俺のクラウドで実現できるクラウド電話帳は、オフィスの外にいてもオフィス内とまったく遜色なく電話帳を利用してコミュニケーションが取れます。こうした秀逸なツール類の充実が、テレワーカーという働き方の実現に近づいていくと言えるのではないでしょうか。

<関連記事>
●働き方改革は抽象的な対策でなく、具体的に落とし込むことがポイント!
●働き方改革の推進を支えるITツールの活用

Cloud電話帳は、オフィス内外のコミュニケーションを安心、安全に支えます。

社外や自宅で働く人にとって、顔の見えないチームのメンバーが今、何をしているか?を知ることは、円滑なコミュニケーションをとるためには必要不可欠です。Cloud電話帳を使えば「連絡先相手が今どんな状況なのか」が一目で分かるため、最適な方法でコミュニケーションをとることが可能になります。社内外いる場所に関係なくコミュニケーションを効率化し、「いつでもどこでも、人が中心の働き方」を実現します。

こちらの記事も人気です

    この課題を解決するソリューション