カテゴリ:

「フィンテック」という言葉がIT業界でトレンドになっています。これは、金融とテクノロジーの融合を示す造語です。従来の金融業界は規制が厳しく、新規での参入はなかなか困難でした。しかし、リーマン・ショック以降の規制緩和をうけて、現在はIT系ベンチャー企業が次々に参入しています。

フィンテックとはどのようなものであるか、実例や今後の見通しについて解説します。

フィンテック(Fintech)とは

フィンテック(Fintech)とは、「金融と技術(Finance + Technology)」を示す、アメリカで生まれた造語です。最新のテクノロジーを活用した金融サービス全般を指します。リーマン・ショック以降、投資マネーの行き先としてIT系金融サービスが注目され、スマートデバイスの普及と世界的な規制緩和をうけて発達した分野です。お金の流動性を上げ、市場を活性化させることが期待され、日本でも次々にFintech系サービスが開始されています。

Fintechの実用例

モバイル決済

フィンテックの実用例として最も身近なのが「モバイル決済」です。インターネット取引をするうえで、「スマートフォンで決済が終わる」というのは非常に便利なことです。かつては平日の午後3時までに銀行窓口で行う必要があった「振り込み」が、コンビニやATMで可能になったのはつい数年前のことです。モバイル決済の実用化は、わずか数年で買い物をさらに便利なものにしてくれました。

資産管理アプリ

家計簿アプリから発展した「資産管理アプリ」も人気です。アプリと口座を紐付け設定することで、各種銀行口座の残高はもちろん、マイル、Tポイントなども現金換算して連携させ、「結局のところ、どこにいくら分のお金があって、私の資産は全部でいくらなのか」をリアルタイムで管理できます。入出金を設定したメールアドレスに通知する機能も付属し、不審な入出金を監視するアラートの役目も果たします。

<関連記事>
●最近よく聞くフィンテックで具体的に何ができるのか?

ロボアドバイザーによる投資

投資信託などで資産運用を行う際に重要になるのが、金融ポートフォリオの作成です。個人の目的や嗜好に合わせたポートフォリオの構築は、今まで金融のプロによる分析によって行われてきました。

現在は、資産形成のお手伝いをする人工知能が実用化されています。資産額やリスクとリターンに対する考え方など、ユーザの事情と考えに合わせて推奨するポートフォリオを作成し、その中で投資を行うシステムを安価に利用できる仕組みが整っています。

今後の見通し

金融サービスを利用するのは結局のところ、自分の資産を「管理し、守って、増やす」ことが目的です。現在、大手銀行などの既存の金融機関も、豊富なファイナンスノウハウに基づいたITシステムの構築を急いでいます。ベンチャー企業にしかできないサービスと、大手銀行だからこそ可能なサービスがそれぞれ両立し、ユーザは自分の好みに合わせた金融サービスを選んで、主体的な資産管理ができるような時代になることが予想されます。

おわりに

以上のサービスは、すべてスマートフォンやPCなどの個人端末とインターネットを最大限に活用する金融サービスです。現代の消費活動パターンと非常に相性が良いサービスと言えるでしょう。

今後も、より便利なFintechサービスが増えると考えられています。「現金主義」にこだわらず、自分の資産をテクニカルに管理してみてはいかがでしょう。

<関連記事>
●フィンテックをめぐる法整備の動き
●日本の様々な業界に広がる「フィンテックエコシステム」って何?

こちらの記事も人気です

    この課題を解決するソリューション