カテゴリ:

ハイブリッドクラウドとは|オンプレミスとクラウドに代わる第三のITインフラ

企業におけるデータやサーバーの管理において、複数のクラウドを効果的に利用した「ハイブリッドクラウド」が注目を集めています。自社運用のシステムだけでは、コストやセキュリティなどの面で不安定な部分が多いためです。

今回の記事では、ハイブリッドクラウドの特徴やメリット・デメリット、導入にあたっての注意点や導入事例などについてご紹介していきます。

ハイブリッドクラウドとは

ハイブリッドクラウドは、サーバー運用方法のひとつです。

企業や組織が提供していてエンドユーザーまで利用できるパブリッククラウドサーバーと、オンプレミスを利用して企業や組織内のみで利用するプライベートクラウドサーバーを組み合わせて運用する方法のことをいいます。

オンプレミスなどのプライベートクラウドと、パブリッククラウドの両方のメリットを受けられるのがハイブリッドクラウドであるともいえます。

クラウドとオンプレミスは比較ではなく使い分けが重要

ハイブリッドクラウドを導入するにあたっては、クラウドやオンプレミスのメリットとデメリットを把握しておく必要があります。

・オンプレミスのメリットとデメリット
セキュリティが堅牢、カスタマイズや修正が容易、オフラインで常時利用できるといったメリットがある一方、導入コストや運用コストが高くなりやすい、実装までに時間がかかる、専属の技術者が必要などのデメリットがあります。

・クラウドのメリットとデメリット
コストが安い、クイックプラグインで操作がしやすいといったメリットがある一方、ネットワーク障害発生時に自社で対応不可能、ネットワークセキュリティや社内コンプライアンスへの対策、また他社サービスを利用して運用するためパフォーマンスが低下する可能性があるなどのデメリットがあります。

上記のようなメリット・デメリットを踏まえ、いかにメリット部分を取り入れて、それぞれを上手く使い分けていけるかが、ハイブリッドクラウド導入の重要なポイントになります。

ハイブリッドクラウドのメリット・デメリット

次に、ハイブリッドクラウドを導入した際には、どのようなメリット・デメリットがあるのかを見ていきます。

・低コストでセキュリティ管理
オンプレミスの良さは、顧客情報や機密情報などの重要データを扱いやすい、堅牢に守ることができるという点にあり、クラウドの良さは低コストで利用できるという点にあります。

この点を踏まえて、重要情報はプライベートクラウドやオンプレミスに、公開情報や重要度が低い情報はパブリッククラウドに、という形で使い分けることでコストを削減することができます。

・万が一のためのバックアップ場所
災害大国である日本においては、地震や津波などの災害がいつどこで起きても不思議はありません。また、マルチウェア感染などで自社システムが根本から被害を受ける可能性もあります。

このようにオンプレミスのみのデータ管理ではリスクが高いため、万が一に備えて物理的に異なる場所にデータをバックアップしておくことは重要であり、その点でハイブリッドクラウドには大きなメリットがあります。

・負荷の分散
オンプレミスだけで運用すると、アクセス集中が起こったとき一カ所に負荷がかかりやすくなります。だからといって、常に負荷に強いオンプレミスを管理・維持するとなるとコストも大きくなってしまいます。

そこで、アクセス増大が見込まれるときはクラウドも同時に利用して負荷を分散させ、ピークが過ぎたときにオンプレミスを中心に運用する、という使い分けをすることができます。
これにより、サーバー面でもコスト面でも、負荷を分散させることができます。

・容易にテスト運用ができる
新しいサービスを開始する前に、オンプレミスでシステムを構築するとなると時間もコストもかかってしまいます。しかし、クラウドを利用すれば、低価格でサービスのテスト運用を容易に実施することができます。

・ハイブリッドクラウドのデメリット
ハイブリッドクラウドでは、必然的にプライベートクラウドとパブリッククラウドの両方を管理することになります。当然ながら、それだけ管理項目も増えますし、社内に両方のクラウドを管理できる技術者が必要になります。つまり、管理が複雑化してしまう懸念があります。

また、プライベートクラウドのみに比べると、クラウドを複数利用することでコスト計算(試算)が難しくなってしまうというデメリットがあります。

ハイブリッドクラウドの導入事例

1. BCP対策
業種によっては、災害の影響を受けやすい企業もあります。そのため、非常時でも自社のデータの安全を確保し、被害を受けても迅速に営業が再開できるように、オンプレミスとクラウドの両方でデータを管理することで万が一に備えることができます。

2. アクセスが集中しやすいWEBでの負荷対策
サービスの内容上、アクセスが集中しやすいサイト、または季節性のあるイベントやキャンペーンを頻繁に行う通販サイトなどでは、サーバーへの負荷対策が必要です。しかし、自社のサーバーだけを増強・維持するとなるとコストも増大します。ハイブリッドクラウドを活用すれば、サーバーへの負荷とコストを軽減できます。

まとめ

ハイブリッドクラウドへ移行する場合、まずは運用コストやセキュリティ面、災害対策などで自社の既存のインフラが、どういう問題点を抱えているかということを見極める必要があります。しかし、自社だけではなかなか的確な診断が難しいという場合もあるでしょう。

そこで、自社インフラやハイブリッドクラウド移行への診断を他社に依頼するという選択肢もあります。

IT Modernizationクリニック」(別タブが開きます)では、ハイブリッドクラウド構成で最適化したい顧客に対する診断を行っています。ハイブリッドクラウドの導入を検討している場合は、まずは無料相談をしてみてはいかがでしょうか。

>>IT Modernizationクリニックのお申し込みはこちら<<

<関連記事>

ハイブリッドクラウド導入のメリットとは?概要から特徴までわかりやすく解説!

クラウド・オンプレミスだけの運用は危険!企業が取り入れ始めたハイブリッドクラウドとは

こちらの記事も人気です

    この課題を解決するソリューション