カテゴリ:

こんにちは、山口です。スマートスピーカーが発売されてから日が経ちましたが、我が家にもスマートスピーカーのひとつである"Amazon Echo"がやってきました。

自分も妻もしばらくは興味がなかったのですが、Amazon MusicをEchoで再生してくれると妻が知るのと同じタイミングでEcho Plusがタイムセールになっていたので、買っちゃいました。

使ってみた最初の感想は・・・Amazonの音声認識スゲー。

Amazon Echoで音楽が再生中であろうと、テレビから音声が流れていようと関係なく、「アレクサ」といった人を認識してくれる。おまけに認識精度が予想以上に高く、早くAWS音声認識で日本語対応してほしいと思ったりしました。

気になったのが、利用者に確認せずに勝手に判断して勝手にしゃべる(音楽を流す)点。実行直前に利用者に確認を求めたほうが確実なんだけど、確認する行為を煩わしいと判断して(間違えても致命傷にならないこともあって)なくしているんだなぁと。

業務で音声認識(操作)を導入した場合、ノーチェックで実行されるのは誤動作の危険があるので確認を求めるけど・・・毎回確認を求められると煩わしそう。この辺は業務内容で対話設計を考えるポイントになりそうですね。

将来的には、業務向け?にネックスピーカータイプのAmazon Echoが出てほしいなと思っています。屋内屋外の保守点検などで両手が塞がっている人に使えそうです。これとAndroidを内蔵した大型の液晶ディスプレイがあれば、例えば・・・倉庫で通常は音声対話で業務をこなして、画面を見る必要が出たら近くに設置済みのディスプレイに接続して表示(音声操作)、なんてできたら手元のスマホ(紙)を見ることが減って効率があがるかもしれませんね。

我が家では9か月の子供向け(子供向け番組で流れる音楽)に流したり、授乳のタイマーとして主に利用中。

こちらの記事も人気です

    この課題を解決するソリューション