• OCRはAIとRPAでさらに進化する!入力業務から働き方を変えてみませんか?
    • お役立ち情報

    OCRはAIとRPAでさらに進化する!入力業務から働き方を変えてみませんか?

    ビジネスにおける様々な業務でシステム化・データ化が広く進んでいる今日ですが、受注業務においてはFAXや手書き伝票での注文がいまだ多く残っており、システムへの手入力作業をする企業が多く残っています。 書きや印字の情報のデータ化として存在しているOCRが数十年前から存在しますが、日本語はひらがな、カタカナ、漢字と文字の種類が多く誤認識が少なくなく、人の目での確認の手間がどうしても残ってしまいます。 このOCRが、最近になってまた注目を集めています。
  • マルチクラウドとハイブリッドクラウドの違いとは。課題と運用事例
    • お役立ち情報

    マルチクラウドとハイブリッドクラウドの違いとは。課題と運用事例

    大手企業がマルチクラウド環境に対応できるシステムを発表するなどのニュースをきっかけに、社内でマルチクラウド化を検討しています。 しかし、マルチクラウドという言葉自体がどんな意味をもつのかわからない、移行するにあたって問題が発生すると感じていてなかなか移行に踏み切ることができない、といった企業もあるかもしれません。 ここではマルチクラウドとはどのようなものか、マルチクラウドのメリットやデメリット、導入時の注意点などについて解説します。
  • ハイブリッドクラウドとは?オンプレミスとクラウドに代わる第三のITインフラ
    • トレンド

    ハイブリッドクラウドとは?オンプレミスとクラウドに代わる第三のITインフラ

    企業におけるデータやサーバーの管理において、複数のクラウドを効果的に利用した「ハイブリッドクラウド」が注目を集めています。自社運用のシステムだけでは、コストやセキュリティなどの面で不安定な部分が多いためです。 今回の記事では、ハイブリッドクラウドの特徴やメリット・デメリット、導入にあたっての注意点や導入事例などについてご紹介していきます。
  • 意外に知られていない!? 年末調整の業務時間を大幅に削減する方法
    • お役立ち情報

    意外に知られていない!? 年末調整の業務時間を大幅に削減する方法

    総務担当者にとって、年末調整時期は毎年「超繁忙期」。「年末が近づくと、ちょっと気が重い」などと思われる方も多いのではないでしょうか? 年末調整業務は面倒な作業やチェックが多く、とくに時間がかかりやすいものです。毎年のことを考えるとスムーズかつスピーディーに終わらせたいものですよね。 実は、年末調整の申告書は事前に税務署へ簡単な申請を済ませておけば「電子化」して保存することが国税庁で認められています。対応するシステムを利用すれば、紙の書類の配付・回収も、申告書に記載された内容の確認や年末調整に必要なデータを給与計算システムに打ちこむ...という手作業などもなくなり、業務負荷を大幅に軽減できるのです。
  • 請求書郵送業務を自動化!ペーパーレスから始める働き方改革
    • お役立ち情報

    請求書郵送業務を自動化!ペーパーレスから始める働き方改革

    多くの企業では、働き方改革によりあらゆる業務の電子化が進んでいます。しかし、今も請求書の郵送業務の自動化の実現は進んでいない企業が多くあります。 また、自動化したとしても取引先の運用状況も関わってくるため、どうしても郵送業務が残ってしまう場合もあります。 さらに、郵送やFAX、ファイル送信など多岐にわたる請求書の送付方法を取引先ごとに対応することもあり、自動化が難しいのが現状です。
  • 世界で拡大するMaaSとは?日本での導入事例や取り組み
    • トレンド

    世界で拡大するMaaSとは?日本での導入事例や取り組み

    MaaSという言葉を耳にしたことはあるけれど、言葉の意味は知らないという方もいるのではないでしょうか。 自動車関連企業が、MaaSに使用する目的で車両を開発していると海外で発表したことが印象に残っている方もいるかもしれません。日本でも、企業がひとつのサービスとしてMaaSサービスを今後展開すると発表しており、海外ではすでに、MaaSサービスが展開されている事例もあります。今回は、MaaSとはどのようなものなのかだけでなく、海外の事例や日本で今後予定されている内容などもご紹介します。
  • digital labor(デジタルレイバー)とRPAとの意味の違いとは。導入事例
    • トレンド

    digital labor(デジタルレイバー)とRPAとの意味の違いとは。導入事例

    業務の効率を上げる手段として、デジタルレイバーに注目している企業も増えつつあります。現在のデジタルレイバーは従来のRPAよりも広範囲な仕事ができるようになってきています。 社内で導入を検討している場合は、導入前にデジタルレイバーという意味や考え方として注意しておくべき点を知っておきましょう。
  • あなたが使っている「名刺アプリ」Pマーク取得会社では利用が問題になる可能性が高いかも!
    • お役立ち情報

    あなたが使っている「名刺アプリ」Pマーク取得会社では利用が問題になる可能性が高いかも!

    営業効率や企業の生産性、新たなビジネスの創出の可能性が高まる名刺管理を行っている企業は多いかもしれません。膨大な名刺を管理するのは面倒で大変ですよね。そのため、名刺管理アプリを利用している方もいるのではないでしょうか。名刺管理アプリであれば、スマホから直接電話をかけることができるなど、非常に効率が良いのが特徴です。そのため、個人で無料の名刺管理アプリを使って、顧客の名刺管理を行っている人もいるでしょうが、そのアプリのセキュリティは本当に問題ないのでしょうか?
  • 2019年のITトレンドまとめ AIの進化とデータはエッジへ
    • トレンド

    2019年のITトレンドまとめ AIの進化とデータはエッジへ

    インターネットの幕開けとともに、ITによる技術革新から四半世紀の時を経た現在は、次々と先端技術が現れる時代となりました。特に2017年以降に発展した、社会を根底から変えるような技術は、すでに身近なサービスへと形を変えて日常生活の中に提供されています。今後ますます活用の場が広がると予測される、ITトレンドの行方を追っていきます。
  • 多くの企業が導入を進めるチャットボットの活用事例 既存のツールとの連携で対応範囲の増加も可能
    • お役立ち情報

    多くの企業が導入を進めるチャットボットの活用事例 既存のツールとの連携で対応範囲の増加も可能

    IT革命という言葉が世間をにぎわせた近年は、AIをはじめとするさまざまな最新技術が注目されています。そして、近年特に注目度が高く、さまざまな企業が導入をしているツールがチャットボットです。チャットボットという言葉を聞いたことがあるけれども、実際にどのようなものかよくわからないという方も少なくありません。チャットボットとはどのようなもので、どのように活用されているのでしょうか?詳しくご紹介します。
  • 業務効率化のためにRPAツールを比較する前にすべきこと
    • お役立ち情報

    業務効率化のためにRPAツールを比較する前にすべきこと

    働き方改革が推進されるなか、経済界全体で業務の効率化を目指す対象ツールとして期待されているのが、「RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)」です。業務工数の削減につながるRPA導入は国内企業で急速に増加傾向にあります。経営の大きな負担となる人件費や時間の無駄をカットするためにRPAを取り入れ、それまで人間がやっていたことをオートメーション化しようと検討している企業担当者も増えているのではないでしょうか。 ここでは、近年よく耳にするようになったRPAというキーワードを元に、RPAを業務に導入するとどういったメリットや効果が期待できるのか、さまざまな角度から検討してみましょう。
  • 契約業務もクラウド化で効率化!気になる電子契約のデメリットとは
    • お役立ち情報

    契約業務もクラウド化で効率化!気になる電子契約のデメリットとは

    契約書というと、紙で交わすという方が多いのではないでしょうか。しかし、近年では電子契約に取り組む企業が増えてきています。そして、今後もさらに電子契約が増えると予想されています。そもそも、電子契約とは、いったいどのようなものなのでしょうか?ここでは、電子契約のメリットやデメリットなどについて、詳しくご紹介します。